1月に自民党国会議員5人で発足させた政策グループ「のぞみ」が、24日に発売した著書で党執行部の人心一新と世代交代を強く求めていることが分かった。

 著書「上を向こう、日本」(PHP研究所)は、代表の山本有二元金融担当相が、デザイナーの山本寛斎氏との対談などをまとめたもので、この中で山本氏は、谷垣禎一総裁や大島理森幹事長ら当選8回以上の衆院議員に対して「ポストを後進に渡さず、派閥の親分が何回もやっている。組織として崩壊寸前だ」と痛烈に批判。さらに「自民党の看板を新しい人たちが取るか、古い勢力が保持し続けるかが、これからの日本を決める」と訴えている。著書には、メンバー全員の主張も掲載されている。

前原国交相 八ッ場ダムの湖面1号橋工事継続(毎日新聞)
【風】公立の授業だけで大学進学を(産経新聞)
<性同一性障害>手術ミスで和解 説明の不備認める(毎日新聞)
<東急東横線>自殺? 乗客2時間閉じ込め(毎日新聞)
神崎・元公明代表、任期中に辞職へ(読売新聞)
AD