27日の夜に亡くなったダックスのアレックス、その後。

 

どうやら、「お山」からお迎えが来ているらしいです。霊界に行くの早いです。

今までの子は、亡くなってから1週間から半年くらい自宅に居ました。

でも、全く現世との縁が切れてしまうのではなく、たまに来ています。

人間が成仏するときと似ていますね。

でも、まだお山に行っていなくて、今も温風ストーブの前に居ます。

「お山」に行くと、お兄ちゃんになるようです。

精霊のポンタも、お山に行ってからすっかり成長して、

旦那に対して、「あんた!」と、上から目線の物言いをします。

以前は「兄貴~」でした。

アレックスはどうなるでしょう、観察します。

 

一日目、28日の午前中、みどり野に行きました。

アレックスは、亡くなってから3,4時間は、体の中で眠っていましたが、

目が覚めると、家中走り回り、私の部屋にもやってきて、うろうろしていました。

身体が軽くなって、元気いっぱいです。一晩中走り回っていました。

私がトイレに入るときも、付いてこようとしました。

寝室とトイレは入れたことがないので興味が在ったのでしょう。

とにかく興奮した状態でした。

 

アレックスの遺体を箱に入れる前に、相棒のダニエルに最後のお別れをさせました。

ダニエルは、アレックスの顔をクンクンやって、遺体の周りを一周して、

また顔をクンクン、それを二回ばかりやって、ケージの中に戻りました。

それなりに分かったのですかね。。。

 

 

 

遺体の入った箱を車に搬入しましたが、アレックスの霊は

玄関に居て、私たちを見送っていました。付いて来ません。

人間も自分のお葬式を眺めていることが在りますが、

アレックスは、霊園は初めての場所なので嫌だったのかも、

家の奥に戻って行きました。

 

 

 

みどり野さん。

敷地の中に入っていくと、其処かしこから色々なワンコやニャンコの霊が

次々と湧いてきて私の足元に集まりました。

みんな「来た、来た!」という想念を発して、歓迎してくれています。

みどり野は、高橋家代々のワンコがお世話になっている霊園です。

オーナーさんも良い方で、施設も質素で清潔です。

何よりも、ペットの観音様が、本物の神霊さんが降りていて

動物の魂を救っています。

おそらくオーナー家の縁で、ご先祖様に信心深い方がいらっしゃるのです。

ペット霊園は方々に在りますが、救霊できる施設はあまりないです。

お寺のペット霊園も、実際には動物の魂は苦手だったりします。

お寺を守っている人間の祖霊たちが、動物に無理解なのに、

現世側が勝手にペットに手を出して、境内に不浄仏霊が溜まっているところもあります。

 

 

 

納骨堂の観音様。地下にお骨が入ります。

ワンコもニャンコもみんな一緒ですが、この場所では仲良しです。

穏やかな波動なのは、みどり野さんの神霊がちゃんと管理しているからですね。

この先もずっと、良い霊園であってほしいです。

 

 

お骨になったアレックス。

あっという間にこの姿に、人間の場合もそうですが、実感が湧かない。

綺麗なお骨でした、白くて。。。

外に出したのは喉仏の部分です。

 

 

施設内にあるメインの観音様。

「いつもお世話になっています。またよろしくお願いします」と手を合わせたら、

「南無観世音菩薩 生きとし生けるものの魂を安らかにお守り下さい」

と、年配の男性の声が聞こえました。みどり野さんの神霊のようです。

とても良い祈りの言葉です。教えていただいて感謝!

南無観世音菩薩を、信仰している神名に変えてもいいですね。

「主、イエスキリストよ、生きとし生けるものの魂を安らかにお守り下さい」

とか、

 

帰宅して、玄関のドアを開けると、アレックスが待っていました。

生前と同じ感じです。しっぽフリフリで、ワンワンしています。

まだ死んだことを理解していないのかな?

それで、生きている相棒の所に行くと思ったら、旦那の部屋に入って行きました。

 

つづく、

 

 

 

 

 

ランキングのご協力お願いします!

   ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村

 

 

 

スピリチュアルブログ
水戸スピリチュアル 茨城の母
ポンタ社長の夢占い
茨城県の占い師
水戸スピリチュアル

 

AD