5月12日 ドイツのテュービンゲン大学の先生が取材に訪れました。

アジア地域文化研究所のビルギト・シュテムラ先生です。

日本の宗教や文化を研究されていて、

私のような霊能者を取材しているそう。

霊能者は詐欺師、と言われているご時世ですが、

大学の専門家の研究テーマになるのは感激です!





  ↑ ビルギト先生、どらちゃんと記念撮影 

顔出しは恥ずかしいとのことです。



  どらちゃん

  ↑ テュービンゲン大学のロゴが付いたバッグを頂きました!


  ビルギト先生と霊

   ↑ お決まりの心霊写真! 見えにくいですが、

先生のお顔の右側に何かが、、、

本の影から何かが覗いている?カラス天狗の顔のようです。

先生は、大きな荷物を背負って、駅から徒歩でやってきました。

その様子が行者に似ていました。

取材で、各地の寺社に行っているそうなので、

ウチの天狗霊が興味を持ったのでしょう。


ところで、取材内容ですが、後日改めて。。。





AD