埼玉県戸田市笹目の池上尚さん(71)宅で、ジャガイモの茎にミニトマトのような実がつき話題になっている。3月末にジャガイモの種芋20個を庭の菜園に植えたところ、今月初旬、3株の茎の先端部分などに1センチ大の青い実を見つけた。池上さんは「最初はトマトかと思い、びっくりした」と話す。

 10年前から毎年ジャガイモを植えているが、実がついたのは初めてという。今では3株に、1~2センチ大の実が20個ほどついている。たまたま受粉したらしい。ジャガイモは収穫間近だが、池上さんは「珍しいので、実は取らずに観察を続ける」という。【鴇沢哲雄】

【関連ニュース】
<モーツァルトを聞いて生育>水耕栽培でトマトたわわ 恵庭「えこりん村」
<ジャガチュー>ジャガイモ畑の中心で愛を叫ぶ
<ジャガイモのレシピ>新ジャガとホタテのクリームチーズ焼き
<トマトのレシピ>ミニトマトのむらくもスープ
<もう一度食べたい> 青臭いトマト

<労災申請>精神疾患、初の1000件超 認定は減少傾向--09年度厚労省まとめ(毎日新聞)
口蹄疫拡大 封じ込め失敗、落胆深く 農水省(産経新聞)
辞職は国会閉幕後=小林議員(時事通信)
男子中学生が首をつって死亡 学校に「暴力」相談、体にあざも 東京・練馬(産経新聞)
わずか3分…小沢氏、枝野幹事長引き継ぎ(読売新聞)
AD