和歌山県太地町のイルカ漁を批判的に取り上げた米ドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ(入り江)」(ルイ・シホヨス監督)の上映中止問題を考えるシンポジウムと上映会が9日、東京都中野区で開かれ、約550人が参加した。

 パネリストとして参加した映画監督の森達也さんは「この騒動がこのまま終わってしまえばあまりに不毛だ。まず、見てから議論してほしい」と語った。出演者の一人、リック・オバリーさんは「この映画は米アカデミー賞だけでなく、各国でたくさん受賞している。上映が妨げられたのは残念だ」と語った。

【関連ニュース】
ザ・コーヴ:出演者が来日 「上映をお願いしたい」
米映画:「ザ・コーヴ」都内上映館ゼロに イルカ漁批判
ザ・コーヴ:上映中止…抗議相次ぎ 渋谷の映画館
ザ・コーヴ:上映中止に反対声明 監督ら55人
アカデミー賞:「ザ・コーヴ」波紋 和歌山イルカ漁映画

27日に「孤独死」の講演会(医療介護CBニュース)
菅-亀井会談 郵政法案「成立期す」を確認(産経新聞)
参院選60議席目指す=岡田外相(時事通信)
菅連立内閣、8日夜発足=11閣僚を再任、首相就任会見へ(時事通信)
上賀茂神社もアライグマの被害に 専門家が調査へ(産経新聞)
AD