野党各党は23日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で鳩山由紀夫首相が「県外移設」の約束を果たせず、同県名護市辺野古への移設方針を表明したことについて、「鳩山首相の下での解決は不可能」(谷垣禎一自民党総裁)などとして、首相退陣要求を強めた。
 谷垣氏は長崎県佐世保市で記者団に「首相は何度も『5月末決着』と言ってたが、現実は難しいというのがはっきりした。首相は責任を取るほかない。『職を賭す』と言ってたので、辞めるか、さもなければ国民の信を問わなければならない」と述べ、内閣総辞職か衆院解散を求めた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~シュワブ沿岸部移設で日米大筋合意~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

<普天間問題>首相、環境面に配慮徹底…「辺野古」移設で(毎日新聞)
ワクチン接種、地元と合意=補償案を宮崎知事に提示―農水副大臣(時事通信)
オーストリアに学ぶこと……それは林業のチカラ(Business Media 誠)
国道側溝に切断された両足=死体遺棄事件で捜査―新潟県警(時事通信)
皇太子さま、「みどりの愛護」のつどいに(時事通信)
AD