政府は25日の閣議で、大谷剛彦大阪高裁長官の最高裁判事任命に伴い、空席となる高裁長官職に池田修東京地裁所長を任命することを決めた。これを受け最高裁は大野市太郎福岡高裁長官を大阪高裁長官、池田氏を福岡高裁長官にそれぞれ充てる人事を決定した。いずれも発令は未定。

                   ◇

 【大阪高裁長官】

 大野市太郎氏(おおの・いちたろう)東大卒。昭和47年判事補。司法研修所長などを経て今年1月から福岡高裁長官。64歳。神奈川県出身。

 【福岡高裁長官】

 池田修氏(いけだ・おさむ)東大卒。昭和47年判事補。東京高裁部総括判事などを経て平成19年12月から東京地裁所長。62歳。兵庫県出身。

6月に「都市型軽費老人ホーム」整備の説明会―東京都(医療介護CBニュース)
<兵庫県警>巡査 「いい女の子紹介して」と交通違反見逃す(毎日新聞)
赤字企業割合、初の7割超=交際費支出、ピーク時から半減-08年度分国税庁調査
乾燥大麻をネット販売、北海道の男2人逮捕(読売新聞)
仕分け後半戦、傍聴席の反応冷ややか…空席も(読売新聞)
AD