西尾裕

テーマ:
西尾 裕(にしお ゆたか、1937年2月1日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手(投手)。元八幡大学(現九州国際大学)野球部監督。概要・人物1955年福岡県立小倉南高等学校から南海ホークスに入団。宅和本司、皆川睦雄と肩を並べる実力のある新人投手として期待されたが入団早々肩を壊してしまい、一軍での成績は0勝1敗に終わり、芽が出ないまま1957年退団。その後北九州市に帰郷し地元企業に就職、社会人野球を経験。1960年に八幡大入学、野球部に入部し1961年九州六大学野球春季リーグ初優勝に貢献。3学年時から選手兼監督を務める。1964年八幡大を卒業後も同大の野球部監督を継続、後就職課長、学部事務長を務めた。全日本大学野球選手権、明治神宮野球大会に幾度も出場させた実績を持ち同大学野球部の基礎を築いた人物である。なお、南海ホークス新人時代、球団の寮では野村克也と同室であった。当時月給は野村の倍だったという[1]。脚注^ 九州国際大学同窓会 橘會五十年史 : 2003年発行(座談会Vol.2参照) 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%B0%BE%E8%A3%95」より作成カテゴリ: 日本の野球選手 | 1937年生 | 存命人物 | 福岡ソフトバンクホークス及びその前身球団の選手 | 九州六大学野球連盟の選手 | 大学野球指導者 | 福岡県出身の人物隠しカテゴリ: 野球に関するスタブ

盗撮で機動警察隊長逮捕=駅のエスカレーターで-北海道警(時事通信)
鳩山首相、貴乃花親方の理事当選に「新しい風」(産経新聞)
消費支出、5カ月連続増=昨年12月の家計調査(時事通信)
ラッコ バレンタインに「ハート氷」(毎日新聞)
<就職戦線>続く氷河期 手当たり次第登録「理想より内定」(毎日新聞)
AD