社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が23日の参院予算委員会で、日本の安全保障について、「最大の抑止力は憲法9条だ」と述べ、米国の核抑止力の有益性を認めない場面があった。

 福島氏は「戦争をしないと定めた憲法9条があって、先輩の政治家は戦争をしなかった。それこそが日本に対して(核を)撃ち込ませてこなかった」と独自の主張を展開した。佐藤正久氏(自民)が「米の核抑止力は日本に必要だ」と答えた鳩山由紀夫首相との違いを追及すると、福島氏は国会審議にもかかわらず、「閣僚としての発言は差し控える」と答弁を拒否。これには野党側が反発し、審議が一時中断した。

 福島氏は結局、「社民党の見解とは違うし、党の見解は変えないが、閣僚の一員としては従う」と説明。社民党党首と閣僚の2つの立場から、苦しい答弁に追い込まれていた。

【関連記事】
福島氏、同意人事案に署名「反対ではあるが、署名はやむなし」
普天間移設 政府案暗礁で首相困惑…打つ手なし
夫婦別姓法案で首相、閣議決定に応じるよう要求 亀井氏明かす
夫婦別姓は家族崩壊をもたらす
福島さん、矛盾しませんか? 国会同意人事で
20年後、日本はありますか?

製造番号確認で盗品排除を=ネット出品のカーナビ-警察庁の懇談会が提言(時事通信)
<札幌市円山動物園>また性別判定ミス ライオンとエゾシカ(毎日新聞)
国松元警察庁長官銃撃、未解決で捜査を終結(読売新聞)
【ゆうゆうLife】認知症の運転中止 家族向けマニュアル作成(産経新聞)
「スーパー特区」検討、枝野氏が橋下知事に表明(読売新聞)
AD