所属する社民党が連立政権を離脱するのに伴い、前原誠司国土交通相に正式に辞表を提出した辻元清美副国交相は31日の登庁時、記者団に「国交省は利権の巣窟(そうくつ)というイメージがあったが、そうではなかった。不安いっぱいだったが、多くの職員が変えていこうという思いに賛同してくれた。辞めるのは寂しいしつらい」と号泣し悔しさをあらわにした。

 辞表を受け取った前原国交相は「JAL(日本航空)問題で他省庁を説得し再建を進められたのは辻元さんの力が大きい」と切り出した。これに対して、辻元氏は「(今後は)野党で質問に立って、追及していく立場でご協力申し上げたい」と応じ、笑顔を見せた。

 辻元氏は着任直後から、日本航空の再建問題にかかわった。同社が会社更生法の適用を申請した1月19日前後は、日航機の運航が止まらないか寝ずに見守ったという。【寺田剛】

【関連ニュース】
国交省:成長戦略会議 優先実施14項目の提言を提出
暴行:JR駅員殴り、国交省課長補佐を容疑で逮捕 横浜
国交省:発注先の公益法人を提訴へ ずさん道路調査で損害
国交省:羽田のハブ化強化 発着枠9万回へ 成長戦略素案
道路空洞探査:受注公益法人を損害賠償提訴へ 国交省、異例対応

融資保証金詐取容疑で3人逮捕=チラシ20万枚配布―警視庁(時事通信)
自立更生促進センター 反対署名4万人、見切り稼働 福島(毎日新聞)
少し肌寒いけど…お先に夏服 神戸の女子中高(産経新聞)
従業員ら4人を起訴=一家3人強殺、遺棄―長野地検(時事通信)
自宅に大麻、歯科医を逮捕…尿から覚せい剤も(読売新聞)
AD