自民、公明、共産、みんな、たちあがれ日本の野党5党の幹事長が13日午前、国会内で会談し、与党側に対して「政治とカネ」などに関する衆院予算委員会の集中審議と、官僚の国会答弁禁止などを盛り込んだ国会法改正案を与野党の議会制度協議会で協議するよう申し入れることで一致した。

 また、5月末までに米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題が決着しない場合、鳩山内閣打倒に向け5党が協力する方針も確認した。

 自民党の大島理森幹事長は会談で、「(政治とカネの問題などで)集中審議を再三求めたが一切要求に応じず、乱暴な国会運営に終始している」と与党の国会対応を批判。さらに「5党で鳩山政権打倒、救国野党戦線を作りたい」と語った。与党側が申し入れを拒否した場合、小沢一郎民主党幹事長らとの与野党幹事長会談を申し入れる。

【関連記事】
鳩山首相、小沢氏の続投容認「卓越した手腕」
参院選、先送りも 「政治とカネ」終盤国会にズシリ…
鳩山首相が「6月以降も努力」と5月末決着断念を表明
小沢氏と亀井氏会談 過半数割れなら野党とのパーシャル連合も
ポスト鳩山、水面下で“蠢動”次は「小沢」の仰天憶測も

小惑星探査機「はやぶさ」に国民栄誉賞を(産経新聞)
<事業仕分け>新人議員が「調査員」(毎日新聞)
国会法改正案 野党が対応協議(産経新聞)
「反対あっても理解求める」=12日夕、徳之島町議と会談-平野官房長官(時事通信)
横浜市の待機児童が最多更新、共働き世帯増も背景に(カナロコ)
AD