総務省消防庁が2日発表した2009年の火災概要によると、総出火件数は5万1124件で、前年より1270件減った。特に建物火災が1703件減っており、同庁は「煙感知型の住宅用火災警報器の設置が進んだことなどが原因ではないか」と推測している。
 火災による死者総数は1877人で前年より92人減少。うち住宅火災による死者数は1025人で98人減った。
 出火原因で最も多いのは「放火」(6534件)で全体の12.8%を占めた。次いで「こんろ」(5128件)、「たばこ」(4987件)、「放火の疑い」(4617件)、「たき火」(3023件)などとなっている。 

【関連ニュース】
住宅火災で3遺体発見=50~70代の母子か
寺で火災、80代夫婦死亡=住職の両親
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か
「住宅」のまま用途変更せず=グループホーム火災
民家火災で3人死傷=2階から遺体、10代の息子か

<子ども手当>母国に子どもがいる外国人への支給要件厳格化(毎日新聞)
<足利事件>「捜査としては完敗」 DNA型鑑定の妄信自戒(毎日新聞)
「なぜ役人がランク付け」=会見オープン化調査に不快感-岡田外相(時事通信)
フィルム紛失3千万円賠償、財団法人が写真家に(読売新聞)
金沢の山中遺体、20~30歳代の女性(読売新聞)
AD