熊本県は27日、県農業研究センターで一括管理している県産ブランド牛「あか牛」の主力種牛など6頭と、冷凍精液1万本を分散管理することを明らかにした。宮崎県での口蹄疫の感染拡大を受けたもので、28日に移動を始める。

 熊本県は「あか牛」の主力種牛16頭(赤毛和種12頭、黒毛和種4頭)を含む66頭を県中部の合志市にあるセンターで飼育。県内で口蹄疫が発生した場合に備え、6頭を県草地畜産研究所(阿蘇市)と、天草地域の民間施設で分散飼育することにした。凍結精液約1万本も八代地域の施設に移動させる。

 広田大作・県農林水産部長は「衛生面ではセンターが最も安全だが、リスク分散のため移動することにした」と話した。【結城かほる】

【関連ニュース】
口蹄疫:農家への補償始まる 「概算払い」で
口蹄疫:ワクチン接種99.5%終了
口蹄疫:畜産農家の国民年金保険料を免除
口蹄疫:特措法成立へ 処分費用は国負担…民自公合意
口蹄疫:九州地方知事会が対策の強化・充実を要望

民主・渡部氏、参院過半数割れなら首相辞任不可避(産経新聞)
価格カルテル、住友電工などに課徴金160億(読売新聞)
首相、中井氏の「宮崎県民は頑固」を擁護(産経新聞)
「関西での基地受け入れ」橋下知事発言の真意はどこに? 府民不在と違和感も(産経新聞)
<日米会談>両国防衛相、緊密な連携で一致(毎日新聞)
AD