解散した人気グループ「光GENJI」の元メンバーで覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた東京都立川市若葉町、無職、赤坂晃被告(36)に千葉地裁(新井紅亜礼裁判官)は30日、懲役1年6月(求刑・懲役2年)を言い渡した。

 判決によると、赤坂被告は09年12月28日ごろ、東京都新宿区のホテルで覚せい剤を吸引した。07年10月にも都内で覚せい剤を所持していたとして逮捕・起訴され、執行猶予中だった。新井裁判官は「過去に有罪判決を受け、覚せい剤への抵抗感が感じられず安易だ。一世を風靡(ふうび)したアイドルに実刑を下さなければならないのは残念。出所後は更生してほしい」と述べた。【中川聡子】

【関連ニュース】
JAYWALK:中村容疑者起訴 覚せい剤事件で東京地検
覚せい剤:使用容疑で大阪市職員を逮捕
覚せい剤:使用の元千葉県警警部補に有罪判決 東京地裁
中国:覚せい剤密輸容疑で日本人逮捕 1キロ所持
覚せい剤:ボーカリストの中村容疑者追送検 使用の疑いで

前田日明氏「出るなら比例」(スポーツ報知)
殺人 鉄工会社社長に複数の刺し傷 北九州(毎日新聞)
シー・シェパード元船長、ビデオで傷害裏付け(読売新聞)
長官銃撃、「一種の冤罪」=警視庁を批判-アレフ(時事通信)
<和歌山強盗殺人>牧野被告の無期懲役確定へ 上告棄却で(毎日新聞)
AD