公明党は10日、子ども手当支給法案に賛成する方針を固めた。同党の修正要求の一部を与党が受け入れたため、賛成もやむを得ないと判断した。公明党は高校授業料無償化法案についても、一部修正に応じた与党の対応を評価、賛成の方向で最終調整する。公明党の協力が見込めることになったことから、与党は両法案を12日の衆院厚生労働、文部科学両委員会でそれぞれ採決し、いずれも16日に衆院を通過させる方針だ。
 民主、社民、国民新の与党3党は10日午後、国会内で国対委員長会談を開き、両法案について、公明党の要求に応じ、それぞれの法案の付則を修正することを決めた。これを受け、公明党幹部は「修正を求めて与党が一部をのんだのだから、子ども手当て法案には常識的に賛成だ」と指摘。別の幹部は、両案の扱いについて「反対というわけにはいかない」と語った。 

【関連ニュース】
子ども手当、週内衆院通過目指す=与党
朝鮮学校関係者と面会検討=鳩山首相
無償化、朝鮮学校も同待遇に=公明代表
民主、「公約法案」成立に全力=子ども手当、高校無償化など

09年度予算、各省で「仕分け」=概算要求に反映-刷新会議(時事通信)
雑記帳 センバツの東海大望洋にハバノリ贈る 千葉(毎日新聞)
<秋葉原無差別殺傷>「人生最悪の日」被害者、涙の訴え(毎日新聞)
「第3極」が大同団結 参院選後「政界再編」起きる 渡辺喜美・みんなの党代表インタビュー(下)(J-CASTニュース)
「捜査怠慢」めぐり上告=箱詰め女性遺体訴訟で都(時事通信)
AD