2013年06月13日(木)

秘境キャンプ!奥只見の奥に行ってみた。 1日目

テーマ:カヤック
秘境、奥只見ダムの銀山湖。

さらに、その奥にある片貝沢のほとりに、

キャンプが出来る場所があるそうな。


そんな噂を知って、早くも数年、
機会は突然やって来る.。
なので、急遽友人のキヨさんに連絡。
出発の前々日にもかかわらず、仕事の都合をつけて参加してくれました。
いつも急な誘いでゴメンネ(^_^;)

6/10
いつものように、家事と準備で寝不足の上に寝坊です…。
関越道小出ICから、シルバーラインに突入したのが9:20
もう1時間早く着く予定だったのになぁ。
$Walk on the Wildland
ちなみにこのシルバーライン、二輪車通行禁止です…なんでかな?
もっとハードな道は沢山あるのに(`・ω・´)
まあ、漏水と水たまりが激しいので、あまり走りたくは無いですが。

銀山平に到着後、ダッシュでカヤックの組み立て。
$Walk on the Wildland
慣れた人は30分前後で組み立ててしまうそうですが、
僕は未だに50分ぐらいかかってしまう。
修行が足りんなぁ…。

2人分のキャンプ道具を積み込み、
スロープから出艇したのが11:35。ふぅ~疲れた(*´Д`)=з
$Walk on the Wildland
結構重量がありますが、浮かんでしまえば気になりません。

久しぶりのカヤック。
水面を渡る風が気持ちいい( ̄▽ ̄)
$Walk on the Wildland
残雪の荒沢岳が美しい。
なんだか、カナダかヨーロッパ辺りの湖にいるみたい!

天気は曇り時々晴れ。
暑すぎずちょうどいい。

1時間ほどパドリングして小休止。
$Walk on the Wildland
ハルゼミの鳴き声につつまれる。


ふたたび漕ぎ出すと、前方からソロのカヤッカーの姿。
百戦錬磨のアウトドアーズマンといった雰囲気のオヤジさんが操るのは、
年期の入ったブルーのフォールディングカヤックです。

彼は、僕たちが目指す片貝沢で1人でキャンプをして、
今回のもう一つの目的地。
秘境中の秘境である片貝池まで行ってきたそうである。

やはり、ただ者では無かった!

彼の話によると、
片貝沢の流れ込みは、流木で埋め尽くされており、普通に接岸できないそうだ。
しかし、流れ込み手前の右岸に上陸ポイントがあり、
キャンプ適地まで踏み跡をつけてあるそうである。
おぉーっ!ありがたい!!(。-人-。)

さらに片貝池への行き方も教えていただきました。
$Walk on the Wildland
(去り行く後ろ姿も様になっている↑)
貴重な情報、ありがとうございました!!

銀山平と奥只見ダムを結ぶ「ファンタジア号
$Walk on the Wildland
少し大きめのウネリを起こすけど無問題。

13:30
虚空蔵岩の所を、右に廻り込んでゆく。
$Walk on the Wildland
中間地点を少しすぎた辺りになります。

奥に見える雪渓の手前を、左に進んで行けば片貝沢方面です。
$Walk on the Wildland
雲が大分増えて来て、なんだか空がどんよりして来ました。

尾瀬口にむかう「しおり丸」
$Walk on the Wildland
この船の起こす波が大きくて結構怖い。
横から喰らうと、ちょっと危ないので、
慌てて船体を波に対して直角に旋回!

やっと片貝沢本流方面。
$Walk on the Wildland
中央奥に見えるスラブの下に、
秘境、片貝池があるらしい。

銀山平を出発してから、もうかれこれ2時間半以上。
さすがに、お尻と腰がつらくなって来た…。
しかし、ダムの貯水率が、ほぼ100%なので、
なかなか休憩ポイントが見つからない(>_<)

そして、やっと見つけた休憩場所!
$Walk on the Wildland
ふぅ~ 尻休め、尻休め。

お尻に血が巡って来た所で出発!
あと、もうひとがんばりだ!

途中の左岸の木に、何か目印らしきものがみえるぞ。
$Walk on the Wildland

赤のペンキで付けられた印。
$Walk on the Wildland
ここが、片貝池への上陸ポイントかなぁ?
オヤジさんの言ってた場所と違うようだけど…。
(家に帰ってから調べた所、ここの場所で正解だそうです)

やがて、遠くに見えて来たのは…
$Walk on the Wildland
間違いない!片貝沢の流れ込みだ!

15:00
ついにゴール!!!
$Walk on the Wildland

近づいて見ると、確かに流木がすごくて、直接カヤックを接岸できません。
オヤジさんが言っていたように、右岸側に接岸出来そうな場所があり、
流木も除けたような痕跡があります。

上陸して見ると、上流に向かって微かな踏み跡。

それを辿って、50mほど進んで行くと。
テントを張るのに良さそうな場所がありました。
足元は砂地で、寝心地も良さそうです(^_^)


しかし、良い事ばかりじゃありません…。

水のきれいな所の指針となる生き物といえば、

アブ?

正解ですが、アブは真夏が旬ですね。
もっと、たちの悪い虫…

そう!
ブヨ!!
ブヨです!!!

ゴマ粒みたいなくせに、高い攻撃力を持つ恐ろしい敵!

しかも、ものすごい数のブヨ!
多分、20~30匹以上のブヨ達が、あっと言う間に現れて、
僕の周りをグルグル旋回し始めました。

ほんの数秒間、動きを止めようものなら、
すぐさま足にたかって、吸血を始めます。
(半ズボンだったので…)

とにかく動きを止めないように、ひたすら足踏み!

そして、まるで踊る様にテントの設営完了!
$Walk on the Wildland

さて!ここから反撃開始!
素早く長ズボンに履き替えて、防御力を上げてから、
ストーブのガスを全開にして炎で攻撃ヽ(`Д´)ノ

「ブヨ ファイヤ!」
「ブヨ フレイム!」

かわいそうだけど、しかたがありません。
ほっておくと齧られた所が腫れて、明日の行動に影響があるかも知れないし、
自然へのインパクトを考えると、ちょっと殺虫剤は持って来れなかったので…。

しばらく頑張っていると、敵もかなり数が減ってきましたが、
残念ながら、両足を10カ所ぐらい咬まれてしまいました(TωT)


薪を集めて焚き火を熾す頃には、気温もだいぶ下がってきて、
$Walk on the Wildland
あれほどいたブヨ達も、すっかり姿を消しました。

ふう~ やっと落ち着いた時間が過ごせるようになりました。

オイルサーディンを焚き火で炙りながら、
キヨさんはアーリータイムスをチビチビ。
僕も下戸ですが、ちょっとだけアルコールを舐めてみる。
あ~気持ちいい(´▽`)

$Walk on the Wildland
仕事の事、
音楽の事、
家族の事、
取り留めの無い話をしながら、お腹いっぱい飯を食べ。
やがてアルコールがまわって来ると、
2人とも昨夜の寝不足の影響が…。

幸せな気分のまま寝袋にもぐり込めば、
あっという間に夢の中でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

イシミツさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:無題

>うららさん

そうなんですよ。
ちょっとパドリングにコツが要るんですよね。
最初からガンガン漕げる人は、割と少ないです。

おっしゃるとおりですね。
美しい風景に目が行きますが、
結構ハードな運動です。
見た目ほど優雅ではないのは、経験者のみぞ知るですね(^_^;)


マッチ一本で火を熾せたら、カッコイイのですが、
実際はストーブのバーナーで、強引に着火してました(;^_^A

1 ■無題

私、カヤック大変なの知ってますよ~。

カヤック、1回だけやった事ありますけど、、、
超しんどかったです!!!

前に進まないーーーーー!!

しんどいから、もうやらないですよ(>_<)

前に進まないカヤックを持ってるなんて、(^^;;

私には信じ難い☆!(◎_◎;)

写真の景色は外国みたいで、
優雅に見えるけど、
相当の運動してますね(^^;;!

私ならクタクタで、ばてますね!

焚き火したり~
やっぱり、イシミツさん、
凄いかも(^_^)☆

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。