大阪市と岐阜県内で平成17年、女性2人を殺害して現金を奪ったとして強盗殺人罪などに問われ、1、2審で死刑判決を受けた無職、大橋健治被告(69)の上告審判決で、最高裁第2小法廷(竹内行夫裁判長)は29日、「刑事責任は極めて重大で、死刑判決を是認せざるを得ない」として、大橋被告側の上告を棄却した。死刑が確定する。

 同小法廷は「2週間という短期間に相次いで行われた犯行で、経緯や動機に酌量の余地はなく、残虐で冷酷」などと指摘した。

 判決などによると、大橋被告は17年4月、岐阜県揖斐川町のパート従業員の女性=当時(57)=方に侵入して現金を奪い、首を絞めて殺害。同年5月には、大阪市旭区のマンションに強盗目的で侵入、主婦=当時(45)=を殺害するなどした。

【関連記事】
強盗殺人罪で女を起訴「以前、空き巣に成功したので…」青森
1470万円窃盗容疑で3人逮捕 佐賀の養鶏場事件
「組員殺害」供述 強盗殺人で起訴の男再逮捕へ
大分の夫婦殺傷 当時少年の中国人、無期確定へ
「遺体なき殺人」物証追う苦悩の2カ月 宮城県警「毛髪だけでは…」

3人乗り漁船、北海道白糠沖で消息絶つ(読売新聞)
<大相撲初場所>暴力団組長、土俵下で観戦 排除対策の中(毎日新聞)
事務所から2000万円押収=一斉捜索で東京地検-小沢氏資金、広範に捜査(時事通信)
大橋被告の死刑確定へ=岐阜、大阪で連続女性殺害-最高裁(時事通信)
<奈良県議会>東大寺大仏殿で議会 12月に 23年ぶり(毎日新聞)
AD