鈴木宗男衆院外務委員長は9日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関して仲井真弘多同県知事と先月末に会談した際、「沖縄としては国家安全保障に対して、応分の負担をする用意はある」との意向を伝えられたことを明らかにした。首相官邸で記者団に語った。
 この知事発言について鈴木氏は「応分の負担と言っているので、その協力も得ながら負担軽減を併せて考えていくしかない」と述べ、知事が県内移設容認を示唆したとの見方を示した。
 ただ、鈴木氏によると、知事は「沖縄の負担軽減という中で、いろんな議論がされていて、(普天間の県外移設を)期待している」と従来の見解も繰り返したという。 

【関連ニュース】
首相の核安保サミット出席を発表=拡不拡散に協力表明へ
サイパン視察を疑問視=北沢防衛相
鳩山内閣「4年間続く」=渡部氏一転、首相を激励
日米首脳、夕食会で隣席へ=核安保サミット
普天間移設で審議官級協議=週明けにもスタート

強風か、桜の木倒れる=けが人なし-東京・上野公園(時事通信)
<富士通>野副元社長、損害賠償提訴へ 取締役数人相手に(毎日新聞)
JR不採用問題が決着=4党解決策受け入れ-政府と組合側(時事通信)
平沼氏ら、10日に新党結成=自主憲法制定など基本政策で合意(時事通信)
高齢者の7割、将来に不安=健康、介護、収入で-内閣府調査(時事通信)
AD