日米両政府は28日午前、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題など、日米同盟に関する外務・防衛担当閣僚(2プラス2)による共同文書を発表した。

 普天間移設について、代替施設を沖縄県名護市辺野古周辺に建設すると正式に表明した。

 滑走路は、1800メートルと明記し、具体的位置や配置、工法については、「いかなる場合でも2010年8月末日までに」検討を完了させる、としている。

[新製品]米Intel、6コアCPU「Core i7-980X Extreme Edition」を発売開始
more treesのフォトエキシビション――5月31日まで(Business Media 誠)
福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」(産経新聞)
CD制作、安価に手伝い=市施設でプロ仕様の音を―大阪(時事通信)
ごみ箱爆発、乾電池や時計の破片…「時限式」か(読売新聞)
AD