亀井静香金融・郵政担当相は31日、ゆうちょ銀行の預け入れ限度額を引き上げる郵政改革案に異論を示していた仙谷由人国家戦略担当相について「小泉改革の民営化時点で思考停止している。仙谷大臣はまじめだが、郵政問題については1周か2周遅れだ」と批判した。東京都内で記者団に語った。

 一方、前日の閣僚懇談会で鳩山由紀夫首相が郵政改革案を了承したことについて、「総理は閣僚懇で『私が結論出します』ときちっと判断された。政策決定プロセスはうまく機能している」と鳩山首相の決断を評価した。

【関連ニュース】
鳩山首相:「亀井案、基本に調整」郵政改革で意向
郵政改革:菅氏と亀井氏、テレビ番組で口論
郵政改革法案:亀井担当相「株式公開時期は明示しない」
亀井担当相:追加経済対策講じるべきだと進言 鳩山首相に
郵政改革:亀井担当相が具体策報告 首相、大筋で了承

市町村への権限移譲、26%どまり=首相「非常に不十分」-地域主権戦略会議(時事通信)
住金物産製の布団に誤表示=「カシミヤ入り」実はウールだけ-消費者庁(時事通信)
川端大臣「一社随契よくない。改善されることを期待」 理研の1社応札問題で(産経新聞)
<財政健全化法案>責任政党が「本家」争い(毎日新聞)
将棋の女流清水二冠、コンピューターと対局へ(読売新聞)
AD