新潟県の佐渡トキ保護センターで放鳥に向け訓練中のトキがテンに襲われた問題で、環境省は15日、瀕死(ひんし)の状態だった1羽が、獣医師による治療の結果、歩ける状態にまでなったと発表した。この1羽は首にかまれた跡があり、立ち上がることができなかった。同省は、回復の兆しは見せているものの、自力で餌を食べられないことなどから予断は許さないとしている。 

【関連ニュース】
襲撃受けたケージ、構造見直しを=環境相がトキ保護センター視察
ケージ、すき間だらけ=新たに142カ所
ケージの金網、62カ所で広がる=テンが侵入?、最大9×12センチ
トキ襲撃はテン=ケージ内に足跡
トキ9羽死ぬ、1羽は瀕死状態=今秋の自然放鳥に影響も

<強盗>パチンコ店から2人組660万円奪う 千葉・白井(毎日新聞)
<訃報>河村禎二さん86歳=能楽シテ方観世流職分(毎日新聞)
<ハンスト>8日から収容の外国人70人 大阪の入管施設で(毎日新聞)
<将棋>中飛車から急戦へ 王将戦第6局(毎日新聞)
<訃報>佐藤昭子さん81歳=田中角栄元首相の元秘書(毎日新聞)
AD