ゴールデンウィークですよねー。

北朝鮮のミサイルのせいか、9連休のせいか。
ことしは長期の海外旅行か、近場の旅行や帰省かに分かれているようです。

ネスタリゾート神戸(旧グリーンピア三木)が人気



というわけで、関西では三木市のネスタリゾート神戸(旧グリーンピア三木)が注目を集めています。場所はアウトレットのある三田市なんですけどね。(笑)

大阪からは高速道路(中国道)で1時間ほどと非常に行きやすい場所です!!
宝塚インターの渋滞がネックですけどね。
電車では行きにくいですね。



場合によっては湾岸線で神戸駅まで行って、阪神高速で北上する手もありますね。
西日本で一番有名な温泉地の有馬温泉を掠めていくのもなんですけどね。

去年の夏にオープンして、早くも30万人が訪れたとか。
郵貯だか簡保だかが運営していたグリーンピアの時は閑古鳥だったわけですから、
いかに民間のパワーがすごいかを物語ってますよね?

民間のパワーといえば、神戸港周辺も長年開発に苦労しているエリア。
実際に貨物港でもあるので、同時に観光を呼び込むのは簡単ではないですよね。


神戸ハーバーランド・MOSAICは道路がネックに


一番西側の神戸ハーバーランド・MOSAICはにぎわっていますが、JR神戸駅から
歩かないといけないのと、クルマの場合は土日に駐車場に入る行列がすごい。
このあたりは道路設計が失敗した感じです。
阪神高速からそのままバイパスでいけるので便利なはずだったんですが、信号を
通らないといけないのがネック。ポートアイランドみたいにそのまま直接ハーバーランド
エリアに侵入できるようにすればよかった。



人気ブランドが入るumieもできてセンスアップしたものの、交通はますます
ネックになっている感じ。
前のイズミヤがあったときは結構平日がらがらなイメージだったので、
そこを克服できるかですね。


そこから神戸港観光クルーズなどが出るフェリータミナルを過ぎて東へ行くと、
メリケンパーク・ポートタワー・形が印象的なオリエンタルホテルへと
続きます。

このあたりは、ザ・神戸という感じの絵葉書によく紹介されているエリア。
ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドもゴージャスでいい感じです。



で、ここから北上するとまたおしゃれな元町・中華街につながりますが、
東に行ってしまうと海沿いはリアルに殺風景な貨物港で、華やいだ雰囲気が途切れます。
神戸市でもさまざまなイベントをこのエリアで実施していましたが、
なかなか場所のイメージが神戸市民でも「?」な感じでした。

神戸港のイメージを変えた神戸みなと温泉 蓮



そこに風穴を開けたのが「神戸みなと温泉 蓮
「旅館」だそうです。(笑)



神戸市内では有馬温泉以外でも、海岸線沿いに日帰り温泉施設が点在します。
1000mくらい彫ればわりとどこでも温泉が出るようです。
ただし、日帰り入浴施設って、銭湯の延長で作ってしまうと大人料金1000円までに
なり、週末メインの経営では回りにくくなってしまいます。

競合も多いですしね。
「プラスアルファ」が必要でした。

このエリアには藤原紀香さんと陣内智則さんが結婚式を挙げたホテルオークラもあり、
いいホテルはいっぱいあります。
北のほうに行けば、有名なオーベルジュ、北野ホテルもあります。
六甲アイランドに行けばシェラトンもあります。

でも、何か足りない。そう、温泉がない。
昔は有馬町でしたが今は神戸市北区の有馬温泉。
やっぱり温泉はほしい。

そして、見た目で一番印象的なのはやっぱり帆の形をしたオリエンタルホテル。
横浜のイメージというとみなとみらいの「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」
じゃないですか。やっぱりこのイメージは変えられないと思います。

神戸みなと温泉 蓮は、まったく同じではないですが、突堤の細長い形を利用した
建物の形が印象的です。2015年12月にオープンしたばかり。

高級感も出しながら、手ごろな日帰り入浴もあり、温泉大賞コスパ部門に
選ばれるほど。

日本庭園があったりプールでハロウィンパーティがあったり、
「ごった煮」の神戸の魅力を楽しめる場所になりつつあります。

そんなゴールデンウィークの神戸みなと温泉 蓮予約状況は、5月5日(金)以外はまだ空室があるようです。

全室テラスつきの神戸みなと温泉 蓮はテラスからの眺望も売り。
こういうホテルは多少高くても景観のいい部屋からどんどん埋まっていきます。
早めに予約しておくのがオススメです。
神戸市内は歩いて観光も可能ですし、ループバスもあります。










AD