空き巣に入った家に住む男性会社員(39)に重傷を負わたとして、警視庁捜査3課と田園調布署は強盗致傷などの疑いで、東京都足立区保木間の無職、吉田伸夫容疑者(80)を逮捕した。同課によると、吉田容疑者は容疑を認め「けがをさせて申し訳なかった」と供述している。

 同課は、吉田容疑者が主に高級住宅街を狙い、窓をバールで割って侵入する手口で昨年8月から東京、千葉、神奈川各都県で約100件、被害総額約5千万円の空き巣などを重ねたとみて、裏付けを進めている。

 逮捕容疑は、2月24日午後6時35分ごろ、土木作業員、福田幸吉被告(60)=同容疑で逮捕、起訴=とともに大田区の男性方に侵入し、指輪など17点(計約125万円相当)を盗んだ際、帰宅した男性に発見され、顔や頭をバールで殴るなどして重傷を負わせたとしている。

 同課によると、福田被告の供述や現場の遺留品、駅の防犯ビデオの画像から吉田容疑者の関与が浮上。吉田容疑者が持ち去った指輪などは見つかっていないが、「川に捨てた」と供述しているという。

 事件の際、2人は帰宅した男性と格闘になり、福田被告は2階の踊り場から転落して重傷を負って、取り押さえられていた。

【関連記事】
車上荒らしが居直りか 愛知・岡崎の会社員刺殺
「被害2万円」居合わせた客、実は共犯 姫路のゲーム喫茶強盗
狙った店が…強盗捕まり“身代金”要求される?
ピンクパンサー“記録更新”…史上最悪の63億被害
自転車ひき逃げ強盗致死、共犯の少年2人を逮捕

荒井氏の事務所費問題、民主内から説明求める声(読売新聞)
石原知事「よく知らない。鳩山政権と同じならかなわん」 菅首相誕生に(産経新聞)
<菅内閣>消費者担当は荒井氏、少子化担当は玄葉氏が兼務(毎日新聞)
篠山紀信氏に罰金30万円略式命令 東京簡裁、青山霊園でヌード写真(産経新聞)
<ザ・コーヴ>上映中止問題を考えるシンポ 550人が参加(毎日新聞)
AD
 俳優の瑛太さん(27)と歌手の木村カエラさん(25)が近く結婚することが1日分かった。双方の所属事務所が明らかにした。事務所によると、2人は昨年8月から交際をスタート。カエラさんは現在、妊娠5カ月で11月に出産予定という。

【関連ニュース】
NTTドコモ:新CM 渡辺謙さん、木村カエラさんがケータイに
瑛太:携帯電話は「あごで開ける」? カエラとの交際には無言の笑顔
NTTドコモ:新CM 渡辺謙さん、木村カエラさんがケータイに
瑛太:カエラとの結婚は?笑みを浮かべるだけ
瑛太・木村カエラ、熱愛発覚 恋路さわやか、堂々と=佐藤雅昭

<野ヤギ>被害に即応、無許可で駆除可能に 鹿児島・奄美大島を構造改革特区へ(毎日新聞)
療養病床の平均在院日数、前年同月比4.5日増―病院報告(医療介護CBニュース)
テレビ朝日の控訴棄却=マンション建設名誉棄損―知財高裁(時事通信)
衆参議長と会談=中国首相(時事通信)
<マルチ商法>仮想空間ビズ社捜索 会員「徹底的に解明を」(毎日新聞)
AD
 ◇危険地域を地図上で表示 単位は竜巻10キロ四方、雷1キロ四方

 ◇注意報出たらHPで確認、避難準備を

 梅雨前線や台風の周辺などで発生しやすい積乱雲。発達すると、時に竜巻や雷を引き起こし、災害をもたらす。竜巻のような激しい気象現象への警戒を呼びかけるため、気象庁は27日から、新しい予報「竜巻発生確度ナウキャスト」と「雷ナウキャスト」を開始する。危険性が高い場所を地図上で色分けし、一目で危険度が分かるようにすることで、被害者を一人でも減らすのが狙いだ。

 宮崎県延岡市で06年9月、台風の影響で竜巻が発生し、3人が亡くなった。同年11月には、北海道佐呂間町で発生した竜巻が建設会社の宿舎などをなぎ倒し、建物の下敷きになるなどして9人が死亡した。また、05年12月に山形県庄内町のJR羽越線で特急電車が脱線転覆し、5人が死亡する事故があったが、これも竜巻など局所的な突風が原因と考えられている。

 気象庁はこれらの被害を受け、竜巻と雷の「ナウキャスト」を開発した。ナウキャストとは、今(ナウ)と予報(フォーキャスト)を組み合わせた造語で、急に発生する積乱雲に伴う激しい現象の予測に効果的な方法という。

 予報は気象庁のホームページ(HP)で見ることができる。竜巻のナウキャストは、積乱雲の中に回転する渦があるかをレーダーで観測し、竜巻が発生する可能性の程度を10キロ四方の格子単位で表示する。青は予測の的中率1~5%、赤は5~10%で、赤の地域には竜巻注意情報を発表する。

 一方、雷のナウキャストは落雷が発生する場所を1キロ四方の格子単位で予測。活動度1(雷可能性あり)、2(雷あり)、3(やや激しい雷)、4(激しい雷)の4段階で色分けし、地図上に示す。

 いずれも、10分刻みで1時間先までの予測を表示する。更新も10分ごとに行う。従来の地域(県など)単位での注意情報や注意報と比べ、危険な地域が分かりやすく、対策を取りやすくなる。

 ただし、気象庁予報課は「予測精度は必ずしも高くなく、空振りとなることも多い」と話す。特に、竜巻の場合は実体をとらえることができないため、精度が低くなりがちという。

 それでも、従来より格段に危険性を把握しやすくなる。同課によると、竜巻などの発生が予想される半日~1日前ぐらいには、天気予報で「大気の状態が不安定」「竜巻などの激しい突風」「落雷に注意」との言葉で注意が呼びかけられ、数時間前には雷注意報が発表される。雷注意報が出た段階でナウキャストを見るのが効果的という。

 情報の有効利用には、現場での状況判断も重要となる。同課は「竜巻や雷の情報が出たら空に注意し、急に暗くなるなど積乱雲が近づく兆候を確認したら、屋外での作業を中止したり、頑丈な建物に入るなど身の安全を図る行動をとってほしい」とアドバイスしている。【飯田和樹】

【関連ニュース】
突風:架線にトタン屋根 名鉄線41本が運休 岐阜・笠松
突風:体育祭で10人重軽傷 テントの支柱当たり 滋賀
突風:テント10張り飛び4人けが 岐阜・郡上
安心・安全ナビ:気象庁が明日発生予測を始める竜巻と雷の「ナウキャスト」とは。
突風:滋賀の中学、体育祭中にテント飛び10人けが 支柱当たる

サイバー選挙戦へ準備着々 ネット業界「解禁」見込みサービス充実(産経新聞)
雑記帳 個人タクシー事業免許試験に中国人が合格(毎日新聞)
不審がられ「患者欲しがる」=薬調達、大みそか・元旦も―不同意堕胎事件で医師(時事通信)
不明の三男を指名手配=母親殺害容疑―兵庫県警(時事通信)
首相、中井氏の「宮崎県民は頑固」を擁護(産経新聞)
AD