セルモ羽根木教室(代田橋・東松原・新代田)の塾長です。。。

京王線 代田橋駅近くの個別学習塾 セルモ羽根木教室の塾長です。ホームページ等では書けないちょっとした情報を書かせていただきます。

NEW !
テーマ:

都立入試でも「集団討論」が導入されており、自分たちで話し合ったり、答えを探るアクティブラーニングが導入され始めています。

小学校の授業でも、みんなで話し合ったり、調べものをしたりする時間がとられているようです。

このように、意思決定するうえで、さまざまな意見をだし、討論するような機会は社会に必要ですし、教育上に必要なことであると思います。

 

さて、日本の最高機関である国会でのやりとり、小学生や中学生に説できるでしょうか?

例えば・・・

 

・ やじを大声で飛ばす → ちゃんと話を聞きましょう!

・ 不適切な発言を”撤回する” → ちゃんと理由を説明しなさい!

・ 〇〇党員だとすべて同じ意見で同意される → 自分の意見を!

・ 投票を遅らせるために”牛歩”と呼ばれる遅延行為(”戦術”などど呼ぶのは変)行う → 早くしなさい!

  

小学校、中学校の話し合いで同じことをすれば、当然、先生から注意される内容ばかりだと思います。

民進党の蓮舫代表が辞任したり、稲田防衛大臣が辞任したり、、いろいろあるようですが、まず基本的なルール(会社では当たり前)を守って仕事を進めるような体制をつくるべきではないかと思います。

 

子供たちに説明できないです。。。

(あまりにも最近、ひどい話題が多いので、ちょっと愚痴になってしまいましたが・・・)

 

<セルモ羽根木教室ホームページへ>

 

育児・中学生 ブログランキングへ

育児・学校高学年 ブログランキングへ

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

藤井聡太4段のおかげで将棋界が盛り上がりをみせています。
デビューからの連勝は止まってしまいましたが、まだ1敗しかしておらず、驚異的な勝率です。

さて、彼が幼年時に使っていた”キュボロ”と呼ばれる教育玩具が話題となっています。
スイスのキュボロ社が開発した玩具で、木製のサイコロ状の立方体に穴や溝が彫られていて、これを組み立てるのであるが、上からビー玉を落として下までころがるように道を作る遊びで、トンネル状につくると外からは見えないところをビー玉がころがっていくため、立体的な感覚と予測力が養われるようです。

私たちは三次元(立体)空間に生活していますが、二次元のもの(平面)は書いたりすることも簡単ですが、三次元の世界を2次元に表現することが多いかと思います。
将棋の譜面は平面であり2次元の世界ですが、3次元的な感覚をトレーニングしたことでより発展的な2次元の視覚感覚を身につけたのではないかとも考えられるかと思います。
この”立体感覚”は現在の教育で少し欠けている分野ではないかとも言われています。

 

当教室でも、パズルや立体感覚をイメージしたプリントを使う「パズル道場」を導入しています。
小1の長男にもやらせているのですが、最近、立方体の数を数える問題では、少し負けているかなあと思うことがあります。
おそらく大人が数を数えるステップとは違う、感覚的な力が身についているのかと感じます。

「立体感覚」は幼少から小学校低学年のうちにトレーニングしておくべきものかと思います。
次回は「仮説思考力」について書かせてもらおうかと思います。

ご興味ありましたら当教室まで・・・。

 

    

 

<セルモ羽根木教室ホームページへ>

 

育児・中学生 ブログランキングへ

育児・学校高学年 ブログランキングへ

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4日10日、女性専門のパソコンスクール(ワルツパソコンスクール)を開校いたしました。とりあえず、月、火、水のみの営業となりますが、順次、木、金も開講していく予定です。講師の方も女性でパソコンの基礎から幅広いニーズにお答えできる多種多様なコースを用意しております。地域に密着した地域学校のような位置づけで、様々な交流の場も提供していけれたらと思っています。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

TEL 03-6379-5661 
https://www.waltz-hanegi.com/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

都立受験する中3生および保護者の皆さまへ

 

2学期末テストも終了し、都立入試における換算内申がそろそろ確定していることかと思います。換算内申とは、5段階評価点において、5教科(国・数・英・社・理)の評価点+実技4教科(保健・体育・技術家庭・美術・音楽)の評価点×2を加えた65点満点での評価点となります。

都立入試では、さらにこの点数を300点に換算(※換算内申×300÷65)にて点数化します。

一般入試は5教科それぞれ100点満点で合計500点のテストとなりますが、これを700点に換算(※入試点数×700÷500)し,上記に加えることにより総合得点は1000点満点として評価されることになります。

 

仮に、A高校を志望しているものの、合格基準としての換算内申が1点足りないとすると

入試点数にてどのくらいの点数をとれば、挽回できるのでしょうか?

換算内申での1点は1×300÷65で4.615・・・という点数になります。

入試点数は1.4倍(700÷500)で換算されますので、4.615・・・÷(700÷500)で3.2967・・・ということになりますので、3.3点とればいいということになります。

 

例えば、 A高校の〇%合格基準の換算内申が40、入試得点が300点が目安だったとし

換算内申が35(5足りない!)だったとすると、入試得点で5×3.3=16.5、すなわち17点高い317点をクリアできれば、換算内申の不足分がカバーできることになります。

 

都立一般入試では、70%が入試における点数で決定されるので、まずはしっかりと5教科の実力をあげていくことが重要です。

(もちろん、併願優遇として私立高校を確実に押さえておく必要がありますが・・・。)

 

ちなみに当教室では、上記をベースにどの教科をどのくらいアップさせるかを目標にし、都立合格に向けて指導するようにしております。

ご参考まで。

 

<セルモ羽根木教室ホームページへ>

 

育児・中学生 ブログランキングへ

育児・学校高学年 ブログランキングへ

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

またまた塾の宣伝ですいません。。。
下記日程にて夏休み後半の無料体験会を実施いたします!

時間はすべて午前中です。

 

8/24(水) ロボットプログラミング(小3~)
8/26金) 4技能対応オリコ英会話(小3~)
8/29(月) パズル道場(小1~)

 

保護者の方も同伴可能ですので、お気軽にご参加いただければと思います。
また、その他に日程で通常の体験授業(小中学生対象)も随時受付しております。
お気軽にお問合せください。

 

なお、予告です。

9月の初旬にスマホ、タブレットについての「大人の勉強会(無料体験会)」を

実施予定です。(どなたでも参加できます)

また、あらためて告知させていただきます。

 

 

<セルモ羽根木教室ホームページへ>

 

育児・中学生 ブログランキングへ

育児・小学校高学年 ブログランキングへ

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まもなく都知事選が実施されます。


実は、昨日、期日前投票に行ってきました。

ほぼ、通常の投票所とかわらない感じでしたが、裏面に住所や期日前投票理由を記載する必要がありました。これって無駄ではないでしょうか?

(要するに本人確認がとれればいいだけのこと)


これだけインターネットが浸透し、そろそろ電子投票も現実的に考えていくべきだと思うますが

ある特定の1日だけを投票日にすること自体、時代錯誤だと思います。

例えば、1週間を投票期間とし、受付すればもっと投票率もあがるのでは?


電子投票についても、本人認証の方法やなりすまし防止等の問題点はあると思いますが

もし、WEBから投票できるようになれば、飛躍的に投票率はあがると思います。

各投票所で本人確認するくらいなら、カメラを使ってパソコンやスマホで動画認証すればいいのでは?

そうすれば、作業員もセンターで一括作業すればいいし、人員も削減できると思います。


政治家はさまざまな事案に対し、いろいろな対応案を出せばよく、決めるのは民意の投票で決めるようなしくみがあればいいですね。

誰が都知事になっても、その後の成り行きを注目していきたいと思います。


小中学生も、このような議論をしていけばいいと思いますね。

ある意味、しがらみのなく、本来求めるべき内容が議論されるかも・・・。


将来的には、塾でもこういった議論をカリキュラムかしたいですね。。。



<セルモ羽根木教室ホームページへ>


 
育児・中学生 ブログランキングへ



育児・小学校高学年 ブログランキングへ

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今日はちょっと塾の宣伝になります。
下記日程にて「夏休みの無料体験会」を実施いたします!

 

8/3(水) ロボットプログラミング(小3~)
8/5(金) 4技能対応オリコ英会話(小3~)
8/8(月) パズル道場(小1~)

(※8月の後半にも同メニューにて実施予定です)

 

保護者の方も同伴可能ですので、お気軽にご参加いただければと思います。
もちろん、通常の体験授業(小中学生対象)も随時受付しております。
お気軽にお問合せください。

<セルモ羽根木教室ホームページへ> 育児・中学生 ブログランキングへ

育児・小学校高学年 ブログランキングへ

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

中学3年生で公民を学習しますが、ここで、「憲法」や「政治の仕組み」について様々なことを学習します。

”歴史”や”地理”も大切ですが、個人的には、中学でまずこの”公民”を学習すべきではないかと思っています。

例えば、「憲法」について論議するためには、制定された当時の時代背景等を学習する必要がありますし、「政治」に関する一票の格差の問題等は、各地の地域的な差異も考慮して考える必要があると思うからです。

さて、それよりも今の「国会」については、おそらく中高生は理解できないことが多いと思います。

国会での”やじ”、政治資金の不透明さ、政党政治。。。

もし、国会議員が中高生から疑問を投げつけられたら答えられるのでしょうか?

”やじ”が認められていること自体が不思議です。

学校の委員会で”やじ”をいう生徒がいますか?

いたとしたら、追い出されてしまいますよね。

一部、機密事項があるのは事実ですが、領収書なしで使えるお金がある(月100万円の文書通信交通滞在費ってなんでしょう???)とういのは意味がわかりません。

同じ政党に属している国会議員の考え方は統一されたものなんでしょうか?

そもそも国会議員になるような方は、各自、個別の考えをもっているはず(・・もってないとダメ!)です。

与党が政権をとって、主体となって運用するのはかまいませんが、与野党関係なく、バランスよく、さまざまな考えをもった議員が運営し、最終的には国民が決める(これも昔なら無理ですが、今ならやろうと思えてシステム化して実現できることだと思います。)ようなしくみがあればいいのではないでしょうか?

今回はあまり学習塾の話と関係ないと思われるかもしれませんが、都立推薦入試においては、「集団討論」が行われていたり、アクティブラーニングを重視するため、さまざまなディベートが実施されはじめています。

中高生の手本となるべき国会がこのような状態では・・・・。


<セルモ羽根木教室ホームページへ>



育児・中学生 ブログランキングへ



育児・小学校高学年 ブログランキングへ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小学校でのプログラミング教育の必修化について、文部科学省での具体的な検討がはじまったようですね。次期学習指導要領(2020年度~)に盛込んでいきたいとか・・・。

プログラミング教育、必須めぐり議論開始

私の教室でも4月からロボットプログラミングコース(「もののしくみ研究室」)を導入していますが、プログラミングの考え方をどう伝えようか試行錯誤しています。

ある程度、動きの流れを理解した上でプログラミングし、ブロックで作ったロボットを動かすことは簡単ですが、そもそもの動きをフローチャートで作成させることが重量だと思っています。

これが、なかなか難しい・・・・。

英語(4技能)とともに、目玉といえる教科だと思いますが、指導者の育成は大変だと思います。

いずれ、民間との協力体制が必要になってくると思います。

とりあえず、先行してノウハウを構築していこうと思います。

ちなみに、今月の課題は「歩行者用信号機 」です。

途中からでも入会可能なカリキュラムとなっています。

ご興味ありましたら、ご連絡ください。

無料体験授業、やってます!

<セルモ羽根木教室ホームページへ>



育児・中学生 ブログランキングへ



育児・小学校高学年 ブログランキングへ


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

GWもあり、また更新をさぼってしまっておりました。。。

5教科目の「理科」が残っていましたね。

「理科」といっても、公立小中学校までは「生物」、「物理」、「科学」、「地学」のように異なる分野が混在したままで学習が進んでいきます。

本来は「生物」、「地学」は観察、「物理」、「科学」は実験を主体となり、学習すべき学問で、ペーパーテストで点数をつけること自体が少し目的とずれているような気もします。

日本はノーベル賞受賞者が最近増えて、注目されていますが、ここ数年の論文発表数が伸びておらず、

今のようにはノーベル賞候補は出てこないだろうと言われています。
やはり、長い目で見ると小学生から「観察」・「実験」を中心とし、結果をレポーティングしていくような授業が望ましいんだと思っています。

将来的には、理科実験教室(コース)にも参入するかも・・・。


育児・小学校高学年 ブログランキングへ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。