プロフェッショナルレスリング・ワラビーのブログ

この現代社会にレスリングの真髄を追求するプロフェッショナルレスリング・ワラビー

“Young Crying Wolf” KEITA in THE House*(矢野啓太※本名非公開)

のブログ☆

反逆の聖人にして‘新時代のカリスマ’“Eddie”KEITA in THE House*の魂の叫び!

テーマ:





夢みる事や、

焦がれる事に、

いつでも向き合っていける、

ボクは、
NWAワラビー世界マーシャル・アーツ王者、

KEITA in THE House*.



現職、
プロフェッショナルレスリング・ワラビー代表取締役。


【画像】ゎ、
“スーパーストロング・ツッコミマシーン”カズミファイブ氏。





とまぁ、
『ワラビー革命記念大会』も近付いてきている事だし、

また、
今年の7月9日で、

当プロフェッショナルレスリング・ワラビー創立6周年を迎えるわけで^^;




経営者としてではなく、

いち、
プロフェッショナルレスラーとして、

この、
濃密な6年という月日は、

“山アリ谷アリ”の、

一言、
「波乱万丈」な日々の連続でしたが、

こんな生き方も、

イィじゃない(≧∇≦)



なぜなら、
ボクは[Wrestling]が好きだから…


つくづく、
「大好きだから」に尽きると思うし、

それは、
この業界に一歩足を踏み入れた時の、

気持ち、

そのものだからねッ。





ボクは“闘い”、
プロフェッショナルレスリング・ワラビーという団体を経営・運営している。



「社会は“数字”で成り立っている。」という言葉があるように、

当ワラビーも、
毎ショーごとに“数字との闘い”を強いられている。それは仕方がない事。

“プロフェッショナル”だから当然。





レスリング・ビジネス以外でも、

当然、
世の中は“数字社会”。





例えば、
わかり易く言うと、、、


一つのテレビ番組があるとして、

それが長寿番組だったとしても、

放送している局側は、

O.A.ごとに“数字”、

すなわち視聴率を記録し、

その“数字”次第で、

今後の、
方針が決まっていくように、


そりゃ、
“数字”が悪けりゃ打ち切りだし、、、



と、
いった具合に、

やっぱり“数字”=“結果”が全て。


それはどのビジネスも一緒である。



そして、
レスリング・ビジネスにおいての、

“数字”とは?



やっぱり観客動員数および収益。

もちろん、
TVマッチならばO.A.の視聴率も評価対象に成ってくるだろう。


それらを、
ボクのみならず、

全主催者、全プロモーターは、

毎度毎度、
神経を擦り減らし、

仕事をしている。当たり前の事だ。プロだからね。




ただ!

こんな事を言ったら、
「お前は経営者失格だ。」と言われるかもしれないけども…



やっぱり、
ボクはプロフェッショナルレスリング・ワラビーでの“闘い”で表現するという立場もあり、

『“数字”ばっかり気にしていてはいけない!』と、

今だからこそ、
声を大にして言いたいょ☆



必ず、
忘れてはいけない事は、

[Wrestling]の本質だと思うし、

より高いクオリティーのモノを提供していかなくてはならないと思っているから。




そりゃ、
言う人は言うょ、、

ましてや、
プロフェッショナルレスリング・ワラビーについてなんて、

特に、
あの『ワラビー革命』以降、

いろいろ言われてきた。

それは間違い無い。



でもまだ、
プロフェッショナルレスリング・ワラビーを観た事も無い人が、

全国、

全世界には居るわけなんだから☆




確かに、
『ワラビー革命』後の、

当プロフェッショナルレスリング・ワラビーのショーにおける“数字”は、

悪かった、。



それには見失いがちな原因があり、、、




ズバリ、
ある特定のファンだけに絞った興行形態を、

『ワラビー革命』以前から、

行なっていたから…




バブルがはじける、といった表現があるように、

その、
“ある特定のファン”がゴッソリ抜けた後の、

プロフェッショナルレスリング・ワラビーの会場は閑散としていた、。




でも、
ボクは思ったんだ。


それでも会場に足を運んでくれているファンの皆んなへ対して、

最高の、
プロフェッショナルレスリングを提供しよう!と。



またそんな、
当プロフェッショナルレスリング・ワラビーに力を貸してくれている、

Boysに対しても、

最大限の感謝を込めて★☆




そして、
まだプロフェッショナルレスリング・ワラビーもしくは、

「プロレス」そのものを観たことが無い方々の、

アンテナに、
少しでも引っ掛かるように、と、


ボク達は、
現段階で可能な限り崇高な[Wrestling]を繰り広げてきたと言う自負がある。





そしたらどうなったと思う?





[Still Alive]なんだよ(≧∇≦)



“まだ生きている”。


こうして今、
創立6周年を迎えようとしているだよ、

プロフェッショナルレスリング・ワラビーは!





それはブレずに、

コツコツとやってきたから。



なぜ、
コツコツやって来れたか?というと、

[Wrestling]が好きだったから。




決して自己満足とかじゃなく、

…まぁ、
そう言う人も世の中には居るだろうけども、、



結局!
“自分自身が楽しめないなら、やり続ける意味は無い”と感じていたからなんだよね。


自分自身が楽しくないなら辞めればいいし、。


“数字”ももちろん大事だけど、

最終的に、
“自分が楽しめたか?どうか?”だから。




ボクは、
あの『ワラビー革命』後の時も、

[Wrestling]をこよなく愛し、

“闘う”事を心の底から楽しんでいた。




レスリング・カンパニーの運営を続ける事は、

本当に神経を使うし、

「難しい」の一言。



でも“続ける”事に、

意味や意義があるのだと思う。




ワラビー設立創生期から応援して下さるコアなファンを大事にする事はもちろん、

まだまだ「本物の闘い」を知らないライトな層も巻き込んでいけば、


より良い未来、

そう!
この業界発展に繋がるのだと思います☆★




だから、
そういう意味で言った。


『“ワラビー革命”とは、少なからずこの業界への“起爆剤”になっている。』と、

メディアを通してね(^-^)/





ボクを含め、

今いる、
プロフェッショナルレスリング・ワラビーの所属スーパースターならびに、

他団体からの参戦選手の方々、

要するに、
ファンも含めプロフェッショナルレスリング・ワラビーのショーに集えしみんなは、


やっぱり、
「プロレス」が好きなんです!!



それが一つの『真実』なのだと思います。





『ワラビー革命』後、

“数字”に目が行きがちだったボク達は、

「それだけじゃないだろう、。」と意見をまとめ、

本当の[Wrestling]の本質を見つめ直し、

やってきた結果が、

その、
『真実』に結び付いたのだと思いますm(__)m





応援してくれるみんなが、

ボク達へ、
「“本当の闘い”が観たい」と言ってくれるならば、

そこが、
ケルベロスだろうが、

後楽園だろうが、

鹿鳴館だろうが、

シミズ・クリエイティブ・スタジオだろうが、

両国国技館だろうが!


関係無いと思う、

どこでも、
そこが闘う場所『プロフェッショナルレスリング・ワラビー』に成る!!


もっと言うならば、
お客さんが決して安くないチケット買って見に来て頂くといった時点で、

それは既にレスリング・ビジネスとして成立していて、

“団体を経営・運営”している事に成る。






逆にも言えて、

ボク達が、
『最高の闘いを皆様へ与えたい』と思ったならば、

お客さんがたった10人しか集まらなくても、

選手スタッフへ行き渡る報酬が少なくても、


“ボク達の闘い”、

“プロフェッショナルレスリング・ワラビーの闘い”は変わらないから!


“最高で本当の闘い”を提供したいだけ。

大きいも小さいも関係無い。



その役目を背負っているのが、

全世界数多くのレスリング・カンパニーがある中で唯一、

ボクが代表取締役を務める、
『プロフェッショナルレスリング・ワラビー』である!と、


これからも、
自信を持って生きていきたいよねッ。




神のご加護を

神々の祝福を











ワラビー革命記念大会で、

「最強」から『最高』へと、、

真剣勝負の“闘い”は昇華する……

そして再び、、、
過激な種族が立ち上がる!!!
--------------------------------------------

7月17日(日)
『WALLABEE SHOW DOWN』
~Revolution Aniversario2016~超獣4Ever..


@シミズ・クリエイティブ・スタジオ(新宿区下落合1-4-1 B1F)

17:00 START
16:30 OPEN




☆NWAワラビー世界マーシャル・アーツ選手権試合 1/61
【王者】KEITA in THE House*(プロフェッショナルレスリング・ワラビー)
Vs.
[X]【挑戦者】

※【王者】KEITAの12度目の防衛戦





☆ワラビーTV選手権試合 1/15
【王者】勇者アモン(プロフェッショナルレスリング・ワラビー)
Vs.
磯英弥(N.C.L.)【挑戦者】

※【王者】勇者アモンの2度目の防衛戦




☆NWAワラビー世界マーシャル・アーツ王座次期挑戦者決定戦 1/15
Agnes Rivera(テキサス州エル・パソ)
Vs.
コシカ・マコト(ワラビー・マーシャル・アーツ・アカデミー)





以上、
全3プログラム。

全試合、
『ワラビー・マーシャル・アーツ公式ルール』。



レフリー:ポーク林
パーソナル・リングアナウンサー:マイケル・アイバッファー



★チケット★
全席自由3,000円(小・中学生以下無料)




▼お問い合わせ▼
プロフェッショナルレスリング・ワラビー事務局チケットセンター

CALL ME!!0489-16-5989(営業時間12:00~20:00)

--------------------------------------------




プロフェッショナルレスリング・ワラビー
NWAワラビー世界マーシャル・アーツ王者
KEITA in THE House*
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。