宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、感染経路究明のため農林水産省の疫学調査チームが7日、同県えびの市の発生4農場で現地調査を始めた。農家から飼料や人の出入りなどの飼養管理環境を聞き取り調査する。

【関連写真】口蹄疫、感染拡大が深刻化

 えびの市は、今月4日に移動・搬出制限区域が解除された。同チームによる現地調査は、4月の都農町に続いて2回目。午前9時、津田知幸・動物衛生研究所企画管理部長ら5人がえびの市役所から現地へと出発した。

 委員は午後、宮崎市の宮崎農政事務所で検討会を開く。【石田宗久】

【関連ニュース】
<分析>スーパー種牛、口蹄疫で殺処分 揺らぐ国産牛生産 畜産関係者に衝撃
<検証>口蹄疫、3月には感染か 宮崎・水牛に症状、初動遅れ被害拡大
<疑問に答える>口蹄疫ってどんな病気?
<関連記事>口蹄疫:「宮崎牛」エース級種牛5頭、抗体検査も陰性
<関連記事>口蹄疫:宮崎県えびの市で豚の出荷始める 制限解除され

猟銃 鳥獣駆除作業中に2人死亡 銃で撃たれた跡 京都(毎日新聞)
オートウェーブ、再建に向け経営トップ交代(レスポンス)
「選挙目当てマニフェストの結果」八ツ場ダム予定地の町長(産経新聞)
わいせつDVD1万枚所持で男を逮捕(産経新聞)
強盗強姦など11の罪、冒陳を分割し初公判 大阪地裁で裁判員裁判(産経新聞)
AD