神戸市中央区の神戸地裁正面玄関で25日夜、焼身自殺を図った兵庫県三田市の無職の男性(85)について、生田署は26日、男性が搬送先の病院で死亡した、と発表した。

 男性は、「カバンの中に遺書がある」などと叫びながら、プラスチック容器に入っていた液体をかぶり、火をつけており、国を相手取った民事訴訟を同地裁に起こしていたとみられ、「判決に納得いかなかった」と話していたという。

【関連記事】
児童をかなづちで襲撃、5人けが ガソリンかぶって焼身自殺 中国
焼身自殺か?2人死亡 大阪・大東の民家
覚醒剤紛失「誤解」だった可能性 自殺の警部補
相次ぐ中学生の自殺なぜ 対人関係が苦手?
のろわれている? 中国携帯メーカー、若者7人次々転落死 
虐待が子供に与える「傷」とは?

自ら磨いて感謝とコスト意識=日航社員、車いす清掃―羽田空港(時事通信)
<新党改革>現職3人立候補せず…参院選の第1次公認発表(毎日新聞)
マンション火災、45歳会社員死亡 大阪・和泉(産経新聞)
鳩山邦夫氏の長男らを公認 新党改革(産経新聞)
自転車で用水路に転落か、女性死亡 東京・江戸川(産経新聞)
AD