警察の取り調べで不適切とされた行為が昨年度は29件あったことが20日、警察庁のまとめで分かった。このうち14件は、昨年度導入された「取り調べ監督官制度」に基づく監督部門の点検で発覚していた。同庁は「制度を通じて取り調べの一層の適正化を図りたい」としている。

 29件のうち最も多かったのは「便宜供与やその約束」の21件で、たばこや菓子類などの提供が含まれる。次いで「やむを得ない理由がなく体に接触すること」の4件だった。刑事事件になったのは、捜査員が容疑者に暴力を振るったとして特別公務員暴行陵虐罪で起訴された2件。

 取り調べ監督官は、警務課長など捜査部門以外の幹部署員が「取り調べ監督官」となり、室内から外が見えない透視鏡(マジックミラー)越しに取調室内の状況を把握。不適切な行為が行われていないかを点検する。【合田月美】

【関連ニュース】
足利事件:「誤捜査を正すのも公判」弁護人、最高検で講演
大阪母子殺害:被告側「無罪判決に向け全力」
足利事件:「捜査としては完敗」 DNA型鑑定の妄信自戒
松田喬和の首相番日誌:小沢氏と適度な距離感を
小沢氏団体不透明会計(その1) 強制捜査回避を探った小沢氏

<訃報>森内信康さん75歳=将棋棋士・森内俊之九段の父(毎日新聞)
36歳不倫医師、ウソ投薬で“強制堕胎”(スポーツ報知)
ヒースロー空港閉鎖、成田空港は影響なし(読売新聞)
「普天間」日米が大筋合意 辺野古周辺に代替滑走路 訓練の県外移転を検討(産経新聞)
電波発信、機能を確認=鹿児島大、創価大の衛星(時事通信)
AD