新潟県佐渡市でトキの巣に確認された卵は2個と分かった。環境省が7日発表した。有精卵であれば4月下旬にもふ化するという。

 環境省によると、ペアは08年に放鳥された3歳の雄と09年放鳥の1歳の雌。6日午後5時半ごろ、巣に残っていた雄がくちばしで卵を転がしている様子を、望遠鏡で確認した。

 同省佐渡自然保護官事務所の笹渕紘平自然保護官は「トキは1日おきに3~4個の卵を産むことが多いので、卵が4個ある可能性も高い。ひながかえるまで静かに見守ってほしい」と話している。

 また、佐渡市内の別の場所で巣を作っているペアも6日から7日にかけて交代で巣に残っており、同省は産卵した可能性が高いと発表した。このペアはいずれも09年放鳥の3歳の雄と1歳の雌。産卵もしくは可能性が高いと判断されたのは2組目。市内ではもう1組も巣を作っている。

 環境省は中国から贈られたトキを人工繁殖で増やし、08~09年に30羽を佐渡市で放鳥している。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
トキ9羽死:夜襲に慌てて金網衝突? テンは一流ハンター
小沢環境相:14日に佐渡トキ保護センター訪問
放鳥トキ:佐渡で産卵を確認 自然界では31年ぶり
トキ:襲撃事故で検証委発足 「天敵対策甘すぎ」初会合で
トキ:産卵の可能性…佐渡で営巣のつがい1組 環境省

<酒気帯び運転>中2男子生徒を逮捕 原付きバイク2人乗り(毎日新聞)
厚労省再生元年の原動力に―長妻大臣が新採職員に訓示(医療介護CBニュース)
アフガン取材中、連絡途絶える=日本人フリージャーナリスト(時事通信)
【中医協】「調査方法の工夫必要」―診療報酬改定結果検証部会(医療介護CBニュース)
中3女子生徒を大麻所持容疑で逮捕 神戸市(産経新聞)
AD