パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「歩測で割り出す距離はフェアウェーでもグリーン上でもすべてヤードで行いましょう」と提唱するのは安藤秀さんで、「超パッティング理論」(Gakken刊)のなかでそう述べておられます。

 

え、何故?と思われる方が多いと思いますが、その理由は該書には見当たりません。グリーン上はm単位で取り扱うゴルファーがかなりおられますが、、、。

 

以下は推定というか私(Green Keeper)の考えです。

①FWの距離杭やカートナビはyard単位でカートナビのグリーン上の長さもyds(*1)で表示されている。

②意識として単位が統一されていた方がスッキリする。

③歩測する場合、約1歩が1ydなので、計測しやすい。

④横断報道のゼブララインは白線幅450mm、黒線(アスファルト地肌)幅450mm(公安委員会規定)なので、1歩で黒と白を一跨ぎすると1yd(914mm)だから日頃から歩測の基準距離を身につけやすい。

 

 私は短足低重心なので、少し頑張っての1歩が1yd、これを心がけて横断歩道を渡ります。

「変動基準法」(この方法のメリットについては→「距離勘を高める10」参照)でその日のグリーンスピードに対応させていますが、自分の基準距離は8歩(スティンプ値が8.5feet程度の場合)ですので、グリーン上では「歩数計測」で事足ります。

 あ、この歩数計測は「mizu-toshi」さんもやっておられますね。

変動基準法は便利、速いグリーンでも遅いグリーンでも距離勘適応できますよ!

 

*1:私の知る限りです。グリーンサイズでm単位のナビ表示があったら教えてください<m(__)m>。あっても不思議ではないのですが。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。