パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

ショートパットは何と言っても方向重視。距離勘は二の次ですが、きつい傾斜面にあるカップの場合は油断が出来ません。

こういう場面でも「壁ドン」で打てる方を尊敬します!(私には出来ないからです)。

短いパットでは自分のロングパット時の振り幅(パッターによってはヘッドのスピードやボールの初速)に比べて小さくなるのですが、振り幅が小さくなり過ぎる(*1)とスムーズなストロークが出来なくなります。

 

そんな場合はストロークの速度を落としてそこそこの振り幅を確保したほうがスムーズなストロークになると仰るのは安藤秀さんです。

「超パッティング理論」(同氏著 Gakken刊)より省略して引用させて頂きます。

ーーーー

1.5m以内のパッティングでは、ストロークの速度を落とすことで、ある程度の大きさの振り幅を保って打つ。

 つまり、スイングリズムを少しゆっくりしてストロークする。

 

スタート前のショートパット練習では、スクエアヒット感覚(*2)が分かりやすい振り幅を決め、スイングリズムをゆっくりすることで、1.5m位のパットが10cmから30cmオーバーするスイングスピードを確認しておくと良い。

ーーーー

 

*1:振り子の理屈から考えると転がり距離は振り幅の平方根に比例して小さくなりますが、人間の身体はそのように理屈とおりには動かないですね(笑)。私は毎朝、5mと1.5mを転がしますが、1.5mを転がすほうが5mよりもジャストタッチを得るのが難しいです。

 

*2:「ショートパットで重要なこと」「スクェアヒット感覚」

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。