パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「スケアセット感覚」に続きます。

 

スクエアフェースセット技術を身につけるにはどうするか、著者の安藤秀さんは次のように続けます(長いので略して要旨のみ)。

ーーーー

自分のパターフェースが目標に対して正しくスクエアに構えているかをどうやってチェックしているかと聞くと、具体的なチェックの方法知らないので曖昧な答えが返ってくる。

 

次のような練習をパッティンググリーンでやると良い。

1m位のストレートラインを見つけ、ボールを置く。

このボールに対し自分がスクエアと思う向きにフェースをセットする。

次に、そこからフェースをやや右に向ける。このとき、手首を捩って向きを変えるのではなく、(一度グリップを解いて)フェースを右に向けてから、グリップを握りなおす。そしてストロークすると最初の目標より必ず右に転がる。

同様に左に転がすセットもやって左に出ることを確認する。

(このとき、左右の向きは最初の目標に対して左右対称にセットする)

 

外れる角度が左右対称になっていれば良いが、非対称の場合は大きく外れた方向に対して外しやすい癖を持っているということが言える。

外す方向を明確に決める必要はなく、外れ方が左右対称に打てればOK。

ーーーー

 

以上は自身の癖の確認とそれを修正する方法ですね。

 現場ではショートパットでもボールに描いたナビラインを合わせたら、そのラインに直行(*1)するようにフェースの向きを合わせるのが簡単な方法かと思います。

 *1:ナビラインを打ち出し方向と直角方向にセットなさる方は、そのナビラインとフェースが平行になるようにフェースの向きをセットします。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。