パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「クローグリップ1」に続きます。

 

ーーーー

左手は方向性 右手はタッチが基本。

 

ガルシアのように右手は添えるだけ(のクローグリップ)もあれば、

 

A・スコットのように、右人差し指と中指を離し右手の力を極力なくす、というグリップもあり、

 

P・ミケルソンのように、人差し指から薬指までの3本で握るやり方もある。

 

更に、J・ローズのように、右手薬指を側面(打球線の後方)に置き、中指を人差し指を前面に(添える)というやり方もある。

 

右手の指が少なければ少ないほど、右手に力は入らず、左手主導のパッティングになる。一方、右指数が少ないほど強く打てないので、10mを超すロングパットは難しい(*1)。

 

J・ローズのような2本指が良いと思います(解説の清水プロ)。

ーーーー

 

*1:私も以前試したことがあります。

ロングパットの距離勘合わせは確かに難しいです。

練習では良いんですよ。完全に肩主導のストロークが出来るので。

練習量次第だと思いますが、実戦に入ると必ずしも完全肩主導って難しいからです。

超高速グリーンでのプレーはないわけですから、ナーバスになってしまうショートパットのミスを防ぐために使った方が良いように感じました。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。