パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

プレーオフ(P.O.)1ホール目の第2打を池に入れた上田桃子に対し、レイアップを採った西山ゆかりがパーで上がり、この試合を制しました(-4)。

上田は第4打を右上≒2mに乗せ下りのパットを決めればパーで上がれるところでしたが、これを右に外し△でした。

 

P.O.の池ポチャが上田の敗因と考えるのが普通ですが、それ以前に私は上田のパットに問題があったと思っています。

この日(本戦で)上田はミドルパットが良く決まっていましたが、#15(パー4)のバーディーパット。カップ右下(下段)から上段への≒7m。

段差部分の急傾斜を斜めに横切るわけですから、大きく左へ振られるパットです。

その分だけ右を狙わなければならないですが、左へ振られて左下≒1m。余りに大きなラインの読み違えですね。ここからのパーパットを右に外して3パットの△(-4)。

このホール西山はパーで-3。この時点で1打差。

 

#16(パー3)で上田は右≒5mのバーディーパットを決めて〇(-5)。

再び2打差と盛り返しました。

 

2打差で迎えた最終ホール。

#18(パー5)で上田は第3打目を上≒7mからのパットをショートして上1m弱。パーパットを右に外して△(-4)。

西山は左上≒3mへ第3打を乗せて下りのスライススラインを決めて〇(-4)。これで二人は並びP.O.となりました。

 

西山はこれで「meiji cup2015」に次いでツアー2勝目。

初Vの時は師匠の芹沢信雄がキャディを務めました。

今回は芹沢門下のプロ、熊本出身の大場長人さんがキャディでした。

初Vの時もP.O.で勝っていますので、2VともにP.O.での勝利です。

西山にとって芹沢一門は勝負の神様みたいなものですね。

 

12勝目を目前にして逃した上田は悔しい思い、残念な気持ちが強くショックだったと思いますが、これを糧に更に強くなれる選手ですから、今季これからに期待しています。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。