パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

10人の精鋭コーチが上達の効果的な練習方法を教えてくれた、という記事が見つかりました。

ちょっと古いですが(笑)、パットのスキルは昔も今も変わらないですから、凝りもせずに紹介させて頂きます。

「週刊ゴルフダイジェスト」(2015年NO.24)から省略して引用させて頂きます。

但し、彼らは口をそろえて「パターはセンスじゃない。ボールを家で転がしていれば絶対に上手くなる」と仰ってるそうです。

 

ーーーー

1.「テークバックせずに打つ練習。球が真っ直ぐ転がる」(藤田寛之)

  「テークバックを真っ直ぐ引こう」としていませんか?

  真っ直ぐに上げても真っ直ぐに転がる保証はない。

  パットの極意はフォローを真っ直ぐ出すこと。

  常にヘッドを加速しながらボールを捉えること。

  そのため、バックスイング無しでボールを転がす練習をしましょう。

  加速させて打っても距離勘(原文は感)がコントロールできる領域に達するまで、練習あるのみですよ!

 

2.「椅子に座って素振り。頭が動かなくなる」(寺下郁夫)

  苦手な人は芯で捉えられてない。

  ストローク中に体のセンターの安定感がないことが原因。

  目が動き、頭が動き、背骨が動く。ジャストミートできていない。

  椅子に座ったり、壁に頭をつけて、目の球の位置がアドレスからフォローまで動かないように素振りすれば、センターがズレないようになる。

  1日5分継続すれば、球が当たる手ごたえが変る。

ーーーー

 

 既に過去ログで紹介してきたような内容ですが、こうした指摘に素直に耳を傾けることもパットの上達には必要と思います。

 これらのことも「続けること」が上達への近道なんでしょうね。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(1)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。