パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

2位の渡邉彩香に2打差をつけて首位で出たイ ミニョンが逃げ切り、日本ツアー初Vを手にしました(-9)。

申ジエを含め最終組の3人が順位変わらずにフィニッシュって珍しいですね。

1打差の2位が渡邉、更に2打差の3位に申。

 

イは今年からJLPGA参戦のルーキーですが、韓国ではツアー4勝の実力者です。

今季5戦目ですが、直近2試合では8位T(Tポイント)、6位T(アクサ)と調子を上げてきていました。

 

この試合、内面はうかがい知れませんが、終始落ち着いていて緊張している様子には見えませんでした。緊迫した場面でも何事もなかったような顔つきにエクボがお似合いです。

後半ではあくびをしているシーンが2回TVに映っていました。余裕ですね。

 

渡邉の肉薄にも動ぜずに最後まで自分のペースを守り通したのは立派なメンタルの持ち主です。

首位に二人が並んでいた後の#16(パー4)でティーショットを左へ引っ掛けた渡邉はここから右短ラフへ。ピンデッドに狙った第3打は根元に落ちるもバックスピンと傾斜で下へこぼれてしまい、アプローチは上≒2mにオン。ボギーパットは無情にもカップ左を通過してこのホール□。

イのティーショットは右の斜面でライも悪く右短ラフへ。ここから左上3mへ乗せてこのパットを決めてパー。これで2打差、最終ホールで渡辺が3打目を横2mに乗せて〇として1打差としましたが、このホールでイは2パットのパーで逃げ切りました。

 

イは「パットは苦手、練習もあまりしない」と前日のコメントが報道されていましたが、どうしてどうしてしっかり練習しているように思えます。

 何故なら、さりげなくアドレスに入るようですが、いつも同じ姿勢でストロークしています。

軸が狂わないですね(*1)。

#12(パー4)では右に外したアプローチをパターで寄せて失敗。

これは我々でもパターは使わない場面だと思います。

しかし、次打もカラーからパターで今度はカップインさせてパーと凌いできます。

この時でしたね、解説の森口裕子が「身体が全く動いていない」と評していたのは。

 

また一人、強豪がJLPGAへ参戦しました。

この日のような戦いが繰り広げられると思うと、ますます女子ツアーが楽しみです。

 

*1:ショットのボールコンタクトがこの日は一段と素晴らしいと森口が評価していましたが、パットのコンタクトも良いはずです。ショットは乾いた音が聞こえるので、それと分かりますが、パットの打音はTVは拾ってくれません。こういうのが聞こえるとその凄さが分かると思うのですが、、、。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。