パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「重心パッティング」(大本研太郎著 マイナビ刊)の中で、著者はハイスピードカメラを使ってインパクト時のパターのロフト(*1)と転がりの良さを調べたところ、0.5°位が最も良いことが判ったと述べておられます。

 

市販パターのロフトは2°~4°が一般的ですが、中にはもっと大きなロフトのパターもあります。

P・ミケルソンがそうですが、彼は極端にハンドファーストに構えて(これでディロフト:ロフト減少が起っている)ストロークしますので、実効ロフトは0.5°位になっているのかもしれません。

 あ、今時点でミケルソンが大きなロフトのパターを使っているかどうかは確認していません。

 

私(Green Keeper)の転がり理論からすると「実効ロフトは0°でストロークの軌道はアッパーブロー(*2)」が理想の転がりを得るストローク」(→「理想の転がりを得る打撃条件とストローク」)なのですが、著者の仰る0.5°というのとかなり近いですね。

 

*1:パターヘッドインパクト時点のロフトを言います

      (Green Keeperの造語です)。

   いわゆるロフトは固有ロフトと使い分けています。

   パッティングで大切なのは固有ロフトではなく、実効ロフトです。

   何故なら、ハンドファーストに構えるか否か、フォワードプレスするか否か、ダウンブローにストロークするのかアッパーなのかなどで実効ロフトは違ってくるからです。

 

*2:アッパーブローと言うと、インパクト時にヘッドを擦り上げるようにストロークなさる方が多いのですが、それでは芯を喰った良い転がりは得られません。

 上記過去ログの図が示すように、自然の振り子式のストロークで実現できます。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。