パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

(ゴルフ以外です、スルーなさって下さい)

 

ゴルフ場のグリーンのボールの転がり速さはスティンプメーターで測りますがサッカーではボールの転がりはどのように管理されているのか?とかねがね疑問に思っていました。

 

実は同じように管理されていることが判りましたのでメモしておきます。

 

スティンプメーターに相当するものが、Sport Turf Research Institute(英)STRIから提案されていてFIFAやJリーグなどでも使われているそうです。

 45°に傾けたレールの高さ1mのところから自然に落下(転がり落し)、どれだけの距離を転がるかというものです。なお、ターフへの着地部分は半径50cmの弧状に曲げて転がりが滑らかにしてあるのはスティンプメーターと違うところです。

 

傾斜(サッカーは平地ですが)や芝目、風などの影響を受けるので、測定は2方向から行い補正して平均値を求めるのはゴルフ場グリーンの考え方と同じです。

 

L=2xL1xL2/(L1+L2)        

   L:補正平均値m   L1とL2:両方から測った転がり距離m

 

因みにSTRIではサッカー用のターフでは転がり距離(L)として

望ましいのは3~12m  許容範囲としては2~14m  としています。

 

なお、STRIではボールの弾みや表面硬度もその基準と許容範囲を提示しています。

 

こうして、サッカー場でもプレーイングクオリティーが管理されているんですね。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。