パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「ナビラインを正確に合わせる」に続きます。

 

ラインの後方から正しくナビラインを打ち出し方向に合わせてボールを置いても、アドレスして見ると違和感を感じます。

構えた位置から見ると、一般にはナビラインが打出し方向よりも左を向いています(*1)。

これも、パッティングでナビラインを使わない理由の1つかと思います。

しかし、ミッドアマ(それより以前には日本アマも)を制した和田博さんは、その時の勝因の一つにショートパットでの違和感克服を挙げておられます(ショートパットこそ違和感丸出しなんですが、良くぞ堪えたものですね。流石は日本アマ2冠を制するだけの取り組み力!)。→「日本アマチャンプに学ぶ」

 

何故こういう違和感が出るのか。

「視力は両目のポジションと心の状態で変化」すると仰るのは角田陽一さん(「ゴルフ・メンタル強化書 パット&アプローチ上達の極意」実業之日本社刊)です。

このなかで、「ラインの後方から見た曲り方と構えたときの曲がり方が違う」のは(両目の)レンズの配置が変るからで両目の位置(間隔)が原因なので、短いラインほど錯覚が大きいと指摘しておられます。詳しくは該書をご覧願います。

 

折角、ナビラインを使って、後方から正しくラインを打ち出し方向に合わせたわけですから、それを信じてパットするようにしては如何でしょうか。

 和田さんのように強くなれるかも、です。

 

*1:私の利き目は右です。左利き目の方は違って見えるかも知れないですが、、。

   多くの方がナビラインは左を向いていると仰います。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。