パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「ストレートにストロークする1」に続きます。

 

ーーーー

もう一つの説明は、アドレスしたとき誰でも背骨を大なり小なり丸めるものであるが、背中を丸めた人の上体をよく観察すると、腰から胸と胸から肩で二つに折れていることがわかる。

 

肩に近い胸から首の角度は、腰から胸の角度に比べると強くなっている。

従って、上体をある程度前傾して背中を丸めると、胸から肩の角度は、ほとんど水平に出来るのである。

要するに、背中を丸めると、背骨がおれている胸から下は回転しないで、胸から上だけが背骨を軸に開店するので、、ショットと同じ回転をしても肩を縦に回せることが出来るのである。

 

以上の二つの説明でインサイドインの理論で述べているような、左手や前腕を使った不自然な動作をしなくても、肩の回転だけでストレートなストロークが出来るのである。

 

従って、パット特有の型の上下回転をしても、背中を丸めてショットと同じ背骨を軸にした回転をしてもストレートにストローク出来るので、なるべくストレートにストロークしたほうが良い。

 

但し、インサイドインの弧が弱くて、インパクトエリアがストレートに近ければほとんど差がないと言って良い。

ーーーー

著者は、インサイドインの場合は背骨を軸にして背中を丸めることで、肩の上下動(ストレート軌道の考え方)と大差ないことを示しています。

 

2つの軌道の考え方は、これで大差ないということになります。

しかし、前者(インサイドイン)の場合、最終的にどこにイメージを置くのかと言うことが気になりますね。背骨なのか、首なのかと言うことです。

 

その点、肩の上下動(ストレート軌道)は首に軸を意識しやすいし、その点に気を付けてストロークすることが出来るので、習熟は早いような気がします。

(インサイドインの方にストレート軌道をお勧めしているという意味ではありません)

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。