パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「正確なフォワードスイング1」に続きます。

 

ーーーー

パッティングでは、ショットのようにサイドスピンを利かせて、意図的なフックやスライスを打つことは出来ないので、方向を良くするためには、正しくラインを読んでフェイスを目標に正しく向けることと、インパクトでアドレスと同じ向きに戻すことがポイントとなる。

 

ここでは、、後者のインパクトでアドレスと同じ向きにフェイスを戻すために大切な六つのことについて説明する。

①スクエアにインパクトするための心構え

これは、要するにストロークするときの心構えである。人によって、状況によって次のような心構えでストロークしている。

 

A.ラインに通そうとしてストロークする。

B.スパットに通そうとしてストロークする。

C.カップないしその左右の目標に向かって真っすぐに打とうとストロークする。

D.インパクトないしその少し先のフェースの向きを注意してストロークする。

E.一定のストロークをすることを注意してストロークする。

 

Aは最も多くの人が実行している方法である。

打つときに下を向いても、脳裏にはっきりラインとカップが映像として描けるようになれば申し分ない。

 

Bはボウリングと同じように、スパットを通せば、カップインするという考え方に基づいている。

ショートパットの場合は5~10cm先に設定して、スパットと球の両方ないし片方をボーっと見ながら打っている。ミドルパット以上になるとスパットを2ヶ所以上設定することもある。人によっては、スパットばかりに注目してしまい、距離勘(原文は感、以下同じ)が狂ったり、しっかり打てなくなったりすることがある。

 

Cは、手前のスパットを通すよりフェイスを目標に合わせたら、目標に向かって真っ直ぐ打つほうが簡単で、正確だという考えに基づいている。この打ち方をすると、打ちきれるので、特にショートパットだけこの方法で打つのも良い方法である

 

Dは、フェイスをスクエアに戻すには、スクエアに戻して打つことに集中すればよいという考え方に基づいている。この打ち方では、距離勘が出しにくいので短めのパット専用と言ってよい。打ち方は流し込むというよりパチンと打つ感じになる。

 

Eは、支点を保って振り子のように一定したストロークが出来れば、正確にフェイスが戻って当るという考え方に基づいている。つまり、失敗しないで良いストロークをすることに専念すれば正確に打てるという考え方である。

ーーーー

プロの解説でも、いろいろあります。

ここではそれらが網羅されていて、考え方がいろいろあるので面白いですね。

ここで言う考え方は、それぞれのストロークの背景になっているもので、パッティングの最中には、やるべきことに集中することが肝要かと思います。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。