パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

同じ1打でスコア上は重さは同じですが、精神的にはミスの軽重ってありますよね。

はい、そうです。もうお分かりの通り、短いパットを外したら重いですよね。

10mのパットは外しても心理的な負担は感じません。

  尤も、入ると思っていないから、と言うこともあります(笑)。

ここで50cmにつけたのを外したら、ガックーンと来ますね。

パットに関して言えば、やはり短いパットを外したときがいちばん堪えます。

 

でも外したら、それはしょうがない。

 (青木功は「しゃあんめえ」と、上手く割り切りますね)

割り切るしかないのですが、気持ち的にはなかなかそうはいかないのが人間ではないでしょうか。

かといって、全てミスを許容してしまうのも、上達の道を放棄したような感じで、そこまで割り切れない。

 

短くても1打と(長いパットを外したのと同じと)割り切るのが、対処としては良いのは分かっていても割り切れなさが残ります。

「イーデルパター実戦」ではたくさんショートパット外したので、改めて1打の重さについて考えさせられました。

 

パット以外でも、ラウンドでの1打のミスには軽重がありますね。

例えば、

①易しいライからのミスは重いし、難しいライからのミスは許せるので軽い。

②パー5でのショットのミスは(リカバリできるので)軽いが

 パー3でのショットのミスは重い。

③スタートのミスは(後続ホールでリカバリ出来るので)軽いが、終盤では重い。

いずれもスコア上は1打ですが、精神的には重さの差が大きいと思います。

 

これがまたゴルフの面白さの1つなんでしょうね。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。