パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「片手打ち1」に続きます。
 
ーーーー
インパクトの形がアドレスの忠実な再現になること。
これが(パット)片手打ちの効果。
 
注意点は(ショットの場合と同じで)、アドレスの時の手首の角度を変えないこと(*1)。
 
もう一つ大事なポイントがセットアップ。
スタンスのライン、膝のライン、腰のライン、肩のライン、そして顔の向きがターゲットに対して平行になっていることが大事。
 この完璧なアドレスがとれた状態で、且つ、手首の角度をキープしてストロークできていれば、思ったところにボールを打ち出すことが出来る。
 構えは適当にしておいて、インパクトのフェースの向きで合わせようとするのでは、練習効果は望めない。
 
打ち終わった後に手首の角度がキープ(*1)され、体開いたり左肩や顔が上がっていなければOK。
左手うちの場合、インパクト以降に頭でボールを追いかける動き(ヘッドアップ)が出やすい。
インパクトで逆方向に顔を向けるイメージでやって体の起き上がりを防ぐくらいが良い。
 
ショットの片手打ちに比べて、パッティングの片手打ちは、誰でも直ぐに出来る(*2)。
 
(そして内藤雄二さんは)ポイントとして
①ボールは左目の真下に置く
②手首の角度をキープすること
③フォローで左肩を上げないこと  を上げています。
ーーーーー
強いプロたちほど基礎練習をしっかりする。そのしつこさが松山の強さの秘密。
一球一球、分析しながら完璧なインパクトが出来るまで何度も繰り返しやる。これは正確なインパクトの感覚を本能に刷り込ませようとしているともいえる。このしつこさが世界の一流の証明でもある。 (いずれも内藤雄士さん)
 
*1:ショットでもライン出しなどにこれが効果ありますね。
 Dさんの記事も参考になります。→「右手首の角度」
 
*2:私は簡単だとは思えません。
  真剣に取り組まないと片手打ちは上手く出来ないと思います。
  「mizu-toshiさん」は毎日なさってるとコメ頂きました。
  因みにmizu-toshiさんは体幹を使ったストロークをされてます。
 
いつも御支援ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。