パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
片手打ちは「自分の腕前が恥ずかしくなるくらい浮き彫りになる」(内藤雄二さん)というくらい、手打ちじゃなく体を使わないと出来ないですが、上達効果は絶大。
ーーであることを「まつしま。さん」の記事「劇的に上手くなった練習方法」で思い出しました。
 
普通はウェッジの練習(まつしま。さんの記事もショット)で選手がやっているのをツアー会場で見かけますが、松山英樹はパットでもやってるという記事とそれへの解説記事が「週間ゴルフダイジェスト」(2016年NO.45)にありました。題して「片手打ちの驚き効果」、解説はプロコーチの内藤雄二さんです。  一部を要約して引用させて頂きます。
 
ーーーー
パットではインパクトで手先を使って合わせにいく、いわゆる”手打ち”になりがちだが、片手だと手打ちでは打つことさえ難しい。更に、身体の微妙な動きも気付くのでストロークが安定する。
 両手打ちだと体の軸がぶれていてもボールに当てることはできるが片手打ちだと軸がぶれたら全く(芯に、の意)当たらなくなる。
 片手打ちを続けるとストローク中に体のどこがブレたのかが分かってくる。
 
松山は「ちょっと顔が動いたな」とか一球一球考えながらやっている。
 
難易度が高い練習だが、やり続ければ上達効果は絶大。
 
(ショットの右打ちから始めて左打ち。その要領や注意事項が解説されてますが、このブログのカテゴリー外なので割愛させて頂きます)
ーーーー
パットの片手打ちについては明日に続きます。
 
なお、松山は(両手打ち、片手打ち含めて)1時間もパット練習(2016年太平洋マスターズ)するくらい熱心に取り組んでいます。普通の体力ではここまでは出来ませんね。
 
こういう練習で「体幹ストローク」の練度を高めているのだと思います。
 
いつも御支援ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。