パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

プロの多くの方が「ボールをぼやっと見る」とか「カップは意識し過ぎるな」とか仰います。

しかし、カップインさせたいのでカップを意識しますし、正確に芯で捉えるにはボールを凝視(?)するというのが我々の人情ではないでしょうか。

 

プロの方たちは、多くの練習を経て仰るような境地(?)でパットしたりスイングしておられると思います。意識はもっと別のところにあるんでしょうか。でもターゲット意識は常に持っておられるように聞いたこともあります。

勿論、彼らはパットの時はストロークそのものを意識せず感じたままにパットしているように見えますね。

それだけストロークのフォームが固まっている(ストロークの長期再現性が高い)から出来ることなんでしょうが、、、。

 

mizu-toshiさんとの「パット練習のベンチマーク」に関するコレポンで、このことが話題になりました。

 

最近、斜めラインのパットが入りやすくなったのは(セットアップに注力したうえで)「カップを強く意識せず、ぼんやりと意識することでストロークに集中できるようになった」と仰っておられます。

 

もっと練度が高まると、多分mizu-toshiさんもストロークそのものの意識が不要になり、セットアップの後は距離勘だけに集中してパットできるようになられると思います。

 

あ、私ですか?

私はショートパットの場合は、カップを見ていなくてもかなり強く意識しています。

ラインを外したくないからです。

J・スピースはノールックでショートパットします(2m以下)が、彼はカップを意識しているということですね。→「ノールックパットのまとめ」

ノールックでパットする方は意外に多く、新々ハンマー打法の「佐々木元」さんもその一人です。

私の場合は、長いパットではカップは全く意識していないです。

ボールルック型?ですがカップまでの距離を意識しています。

 

あ、あるプロは「何も意識しない」の大切だと仰ってました。

私には出来ないです(泣)。

皆様はパットの時に何を意識なさっているのでしょうか。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。