パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

選択指針を私(Gree Keeper)が記事にするのはおこがましいですが、「パターの選択1 種類」に続きます。

Dさんが詳しく触れておられますが、パターの構造で合う合わないという相性の問題がありますので、次のような手順で選択してゆくのが宜しいかと思います。

 

 これらはパターの専門メーカーである「PING社」や「ODESSEY社」で、以前から公開されているもの(最近は見かけなくなっちゃった)を私なりにアレンジしてきたものです。

 

1.自分の身体特性を知る(これが一番大切!)

  STRAIGHTの軌道でストロークするのかIN TO INでストロークするのか。

  これは人それぞれで、持って生まれた恒久的な身体特性のようです。

  STRAIGHTならマレット型など慣性モーメントの大きいパターが向いてます。

  IN TO INならPING型など慣性モーメントの小さいパターが自分に合っています。

  これを調べるには「iPING →フィッティング1」で10分もあれば分かります。

  大手量販店や専門店では専門のフィッターがいて無料でやってくれます。

 

2.打点位置を知る

  普通にストロークして、自分の打点はどのくらいの高さにあるのか、です。

  自分の意識と実態はかけ離れている場合があります。

  クラブの芯(スイートスポット)でボールの芯(重心)を打つことで良い転がりが得られます。

  芯位置の高いパター、低いパターいろいろあります。

  高さによりボールのスピン量に影響します。

  

  パターの芯位置はボールをコンコンとフェースに当てるときの打感・打音でわかります。

 

3.自分に適したボール位置

  両目の真ん中の真下に置いてストロークするのが良いフィーリングを得られるのか

  両目の真ん中の真下より左において良いフィーリングを得られるのか

 

  良い転がりを得る位置は→「理想の転がりを得る打撃条件とそれを得るストローク」

 

4.その他(これも凄く重要!)

  ・構えやすさ

  ・好みの形状

  ・素材(材質)、フェースの素材(ソリッドかインサートとその素材) 

  ・サイトマークの要否や形状

  ・シャフト長さ

  ・グリップの形状・材質・太さ

  ・価格やブランド(使い捨てにするのか一生ものの味方か)

 

なお、無駄のない選択をするには、Dさんのような専門家に相談しながら、ご自身の身体的な特徴やストローク、打点位置などを知り、最適の1本を選択されることをお勧めします(ショップでの相談はどこでも無料だと思います)。

 また、最近はパターのフィッティングを専門とするスタジオなども普及してきています。

こちらは勿論有料ですが、軌道や転がり特性まで解析できる計測機器を揃えているので、自分を知るのに最適です(自分のイメージと体の動きがあまりに違うのでガッカリしないでくださいね、あ、これは私の場合だけかな)。

 

そして最後は、フィーリング(打感や打音)や試打してのボールの転がりの良さで決めるのが良いのではないでしょうか。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(1)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。