パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「センターシャフトパター2」に続きます。

 

この記事では矢野東が次のようなコメントをされています。

 

ーーーー

パットはロボットになれ!

 

余計な動きは一切入れたくない、という考え方。ボールは体の真ん中で、手元がカップの方に行かないように構える。少しハンドレート気味。

そこから振り子をイメージして振るのがボクのスタイル。

それにはセンターシャフトが一番なんです。

 

フェースを開いたり閉じたりするのが一番パットに悪いこと。

オフセットがあると、どうしてもフェース面に合わせる動きが入ってしまう。

始動の際にフォワードプレスするのも好きではない。

構えたらフェース面をキープしたままテークバック、インパクト、フォロースルーまで持っていく。

 

インパクトで大事なのは、アドレスでとった形をキープしたまま打つこと。

感覚は長尺パターと似ているかも。

支点をへその周辺だと思って、パターを左右に振る。

余計な動きを一切省くことによって転がりのいいパットが生まれる。

ーーーー

 

以上で引用を終わりますが、私も改めて試打してみました。以下、その印象。

なお、このような感覚には個人差がありますのでお含みおきお願いいたします。

 

1.インパクト時のフェースの向きに正確に反応してボールが転がる。

  インパクト時のフェースの向きがそのままボールの方向に反映されると言うことです。

  少しでも開いて当たれば右に出るし、閉じて当たれば左に出る。

    閉じて当たるという確率は大変少ないですが、このパターの構造上の特徴です。

  他のパターに比べて(正直に)敏感に反応します。

 

2.ショートパットには効果が高い。

  インパクトの瞬間に、フェースが開いたか、閉じていたかが感じやすい。

  なので、インパクトの瞬間にミスが分かります。

  少し練習を続ければ、真直ぐに打ち出せます。

  と言うことはこのパターはショートパットに向いていると感じます。

 

3.長い距離勘に難?

  まだやってみてないですが、≒4mを転がしてみての感触です。

  10m位を転がしたら、距離を合わせる自信がまだありません。

  これは使い続けたら距離勘があってくるのだと思いますが、、、。

 

4.気分転換に良いかも?

  いろいろなパターを使ってきて、少し気分転換を、と言う方にはお勧めだと思います。

  今までにない感触でパッティング出来ます。

  初めてパッティングしたような新鮮さを感じることが出来ます。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。