パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

ショートパット対策が万全な方がおられるとUPしました。→「究極のショートパット対策」

 

装備が万全ですが、これは金物が揃っただけで、その特性を身につけただけですね。

ショートパットを決める極めつけの練習があります。

簡単ですが効果がありますので、是非お試しください。

 

何もない平坦地での練習を想定してのパッティングです。

 

カーペットの上、任意の1m先にボールを置き、そのボールに向かって当てる練習です。

簡単でしょう。

 

いわゆるパターマットは使いません。あれは真ん中にラインが有ったり、ラインが無いモノでも、縁が帯状の平行線を持っているので、視覚情報が入ってきて、それを参考にしながらフェースの向きを決めることが出来るので、実戦の勉強にはなりません。

 

グリーン上では何も視覚参考情報はないわけですから、そういう状況での練習が効果を発揮します。ですから、壁の近くやカーペットのマス目に平行に構えることもご法度での練習が必要です。このような場合は任意の角度でアドレスしなければならないような位置にターゲットのボールを置きます。

 

ボールが当たって、ターゲットが真っ直ぐ先30cm位へ転がるくらいのタッチであれば、良いタッチだと思います。自信のある方はこれを50cmにするとか、、、。そうすると現場で薄いラインが採れるという按配です。尤も当ったボールが真っ直ぐ先に転がるようなことばかり気にすると神経過敏になっちゃいますので、そこそこで良しとしましょう(笑)。

 

1mですと直ぐに慣れてしまいますが、それでもショートパットに自信を持って打てるようになります。

 

慣れてきたら、距離を長くすると長いパットの実戦向き練習になります。

私は部屋の広さの制限があり、今は5mの距離でやっています。

こうなると1回では当りません(まぐれで1回のときもあります)。

平均的には数回やってやっと当ります。

このくらいのところが人間(私)の方向絶対感覚の精度の限界です。

この場合はタッチを重視してやります。外してもOKパットが残ります。

毎日ターゲットの位置を変えてやっています。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!(~_~;) 

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。