パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「スピードチェック」に続きます。

 

ハーフターン後はグリーンの速さ(が変ったこと)への対応と、アドレスやストロークの微妙なズレをチェックするすることを勧めています。

午前中に1~2m以内のパットを多く外した人は、これに気付いていないのかも!?と。そして2つのチェックを勧めています。

 

ーーーー

1.スクエアインパクトを再確認

  ショートパットを外す一番の原因は、インパクトでフェースが開いていたり閉じたりするため。

  ボールの先≒30cmに、ボール2個分の幅で2本のティペッグを刺してゲートを作り、その間を通してボールをカップインさせる練習をすると、フェースをスクエアにして打つ感覚が、直ぐに甦る。

  また、ストロークの軌道がぶれることでフェースの芯を外してしまうこともある。

ヘッドの幅より少し広いゲートをティペッグで作り、その間を通して真っ直ぐな軌道で振れているかをチェックするのも効果がある。

 

2.正しいアドレス姿勢の再確認

  アドレスの姿勢やボールの位置も確認

  ショートパットが入らないのは、アドレスの姿勢やボールの位置がラウンド中に変ってしまっていることに起因することもある。

  特に前傾姿勢が深くなり過ぎると、トウが浮きフェースが左を向くので、左に転がってしまう。

 そういう人は、アドレスして左目の下からボールを落して、着地した場所にボールの置くのが良い。

ーーーー

 

2.のアドレスは気を使いたいですね。

 ショートパットだと十分に姿勢をチェックせずにストロークする傾向になります。

 要注意です。

 

先日の午前中に1m位のパーパットを3回も外しました(泣)。

今の私のストロークは「引いて押す」です。

 未だ習熟できてないせいか、ストローク中にそのあるべき姿が頭をよぎります。

こんな時はミスにつながります。

ミスの原因は分からなかったのですが、多分ストローク中の雑念だと思います。

 で、午後は何も考えずにストロークすることを心がけて2m近いパーパットを3回決めて取り返しました(笑)。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!(~_~;) 

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。