パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

2日目から首位を走ったテレサ・ルーが独走するのかと思いましたが、、、、。

 

比嘉真美子が終盤で3連続〇として、見せ場を作ってくれました。

 

1打差で逃げ切ってルーのV(-24)(*1)。

「ダイキンオーキッド2016」「マンシングウエア2016」に次いで今季3勝目を手にしました。

 

比嘉がこの日1◎6〇1△の-23の1打差2位。

更に3打差の3位にはこの日8〇(ノー△)の鈴木愛とこの日-5の原江里菜でした。

 

ルーのパット。

長いパットも短いパットも同じリズムでストロークします。

見ていてもストレスを感じさせないパットです。

この試合の解説をしていた岡本綾子の現役のころのような落ち着いたリズムで狂いがありません。

今季平均パット数は1.787でランク7位と安定しています。

 

アヤコさんはゴルフの前はソフトボールの選手で下半身がどっしり安定していてパットの良さを感じさせていました。

ルーはそれに比べると細目。今はやりの言葉でいえば体幹が強いんでしょうね。

 

それに比べて少し不安定なのは菊地絵理香の長めのパット。

最近、パターを長く重くすることで「パットを背中で打つ感覚が合ってきた」(ご本人)そうです。 ショートパットでは下半身不動の良いパットなんですが、中・長距離のパットでは下半身(脚)が動いています。

20mを超えるようなパットではこういうこともありですが、、、、。

10m近いのを前日は決めていたし、背中でストロークするというだけに残念です。

背中でストロークして、下半身が不動であれば、長いパットが狙えます。

菊池は-19で5位Tのフィニッシュでした。

 

*1:-24はJLPGAツアーでのツアー記録(アニカ・ソレンスタム)と並びました。

しかし、アニカの記録は54ホール(3日間競技:2003年ミズノクラシック)でしたから、4日間競技(この試合)と比べるのはおかしいようにも思います。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!(~_~;) 

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。